人気ブログランキング |

― 森のなかで はたらき まなび あそぶ ―
by morimotogumi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:活動報告( 43 )

ラストイベント終了!ありがとうございました!

ご報告遅くなりました。
スタッフのゆきです。

去る7月2日、『おわりのはじまり~森本組ラストイベント~ハイキング&森のお茶会』 無事、終了しました。
お天気に恵まれ、懸念していた暑さも森に入ると、さほど気にならず、気持ちよく過ごせました。
e0263590_23224959.jpg


体力に自信がなかったり、膝の故障で車での移動を希望されていた方々も、森のサポートのおかげか、最後まで歩くことができました。

いつもは車で移動する道も歩いてみると、風景が違って見えて新鮮ですね。
e0263590_23234396.jpg

途中、山主さんにばったり!
最後にご挨拶できてよかったです。

いつものように山の入り口で森にご挨拶して入るとき、広場までの道のり、これまで間伐してきたところを眺めながら、8年間の思い出が蘇り、感慨深い思いでいっぱいでした。
いつしか、森に通い続けるうちに、お母さんの深い懐に抱かれているような、そんな安らぎに似た感覚を覚えるようになりました。
e0263590_23243197.jpg


最初は真っ暗と言っても言い過ぎではなかった人工林が、間伐によって命の循環がはじまりました。
植生だけでなく、虫や鳥も増えたように思います。
この日はとりわけ、鳥たちのさえずりがにぎやかだったような。
e0263590_2329029.jpg

(最近、カタツムリ見なくなったよね〜と話していたら、現れてくれました!)

お手入れしているつもりが、逆に実に多くのギフトを私たちは森から頂いてきました。
森本組のイベントに参加してくださった方々とのつながりもそのうちのひとつです。


森本組がこれまで携わってきた森は、山主さんにお返しすることになりましたが、日本にはまだまだ手入れの必要な人工林がたくさんあります。
木々には独自のネットワークがあるといいます。
もし、私たちが関わってきたことをこの萱森の木々たちが喜んでくれていたなら、またどこかで繋がれる森に出会えると信じています。

森本組の活動は、これで一旦終了ですが、また、どこかの森でつどい、はたらき、まなび、あそべる時が来るかもしれません。
その時は、またよろしくお願いします。
今まで関わってくださった皆さま、本当にありがとうございました。


最後にこの日の写真をいくつかご紹介♪

e0263590_23332113.jpg

この日、お誕生日を迎え、結婚したばかりの豊ちゃん、お仕事で来られなくなった奥様の代わりに花冠、被ってもらいました^^この花冠は、以前、「響きあう森じかん〜トーニング」でナビゲーターをしてくれたソマちゃん作です。

e0263590_23361818.jpg

森本組スピリチュアル顧問の占い師たあさんのリーディング。木々たちからのメッセージも伝えてくださいます。

e0263590_23383191.jpg

さだやん、すーちゃん夫妻による 「歌と舞」素敵でした♡

e0263590_2341822.jpg

萱森の森、言葉にできない感謝でいっぱいです。ありがとう♡
by morimotogumi | 2016-07-12 23:58 | 活動報告

春の伐採! レポート

5月8日、「春の伐採」のイベントを開催しました。

当日はお天気に恵まれて、とてもすごしやすい1日でした。駅から森へ向かう途中の鳥見山公園では、つつじ祭りが開催されていて、たくさんの人々が集っておられました。つつじ、見ごろですね~。

さてさて、今回は、ぼくとゆきさん、そして参加者の島袋さんと3人で山に入りました。後半からは、差し入れを持って、奥さんのすーちゃんと、こどものコノハ、ゲンも山に来てくれましたよ。

e0263590_817573.jpg


山に入って、「お~!」って感動するところは、木々が枝をグングン横に伸ばしているところや、草花が芽吹いたりしているところ。みんな成長しているんだな~って、しみじみ思ってうれしくなります。

何年も同じ森に通っていると、変化がよ~くわかります。続けるって大事なことだな~。

皮むきした時は、木々の枝が触れ合わないくらいだったのに、もう隣の木々の枝と手をつないでいるように触れ合ってますね。

e0263590_8203990.jpg


チェーンソーは木を伐るのにとても便利な道具ですが、その反面、とても危険な道具でもあります。安全な扱い方を十分に説明して、参加者の島袋さんにも伐採体験をしてもらいました。

e0263590_831317.jpg


皮むきして乾燥している木は、生木にくらべて軽くて扱いやすいのですが、先の方が朽ちてきて折れやすいという性質もあります。それが伐採者にとってとても危険な要素になるので、慎重に冷静に作業します。

e0263590_8354971.jpg


チェーンソーを使っているときは、自覚しにくいのですが(アドレナリンが出て興奮しているためか)とても緊張して体が強張っています。振動が激しいし、山なので足場が悪い。そして、たくさんの危険がひそんでいるので、つねに頭でシュミレーションしながら、体を使って危険回避していきます。

想像以上に疲労するものなんですね。

なので・・・、すーちゃんが作ってきてくれた、甘いスイーツで一息いれました♪疲れた身体にうれしいですね。
子供たちもハンモックでゆらゆら~。

e0263590_8385079.jpg


e0263590_838129.jpg


森にまた光が差し込んできました。鳥の美しい鳴き声も森に響いています。またグングン枝を伸ばして大きくなるんだろうな。
思えば、皮むき間伐を始めたころは、ぼくたちはまだ子供を授かっていなかったけれど、数年たち、子供たちとともに森を訪れるなんて、本当にうれしいことですね。

森本組スタッフのみんなと、今までイベントに参加してくださったたくさんの方々と、活動を続けてこれて本当によかった♪

e0263590_850857.jpg

by morimotogumi | 2016-05-11 09:12 | 活動報告

植物の恵み頂きました〜春の野草酵素ジュース作り

4月29日、今年も無事、春の野草酵素ジュースを仕込むことができました。

その日は、風も強く、気温も急に低くなり寒い一日のはじまりでしたが、桜井の山里は、比較的穏やかで、時折日も射し、小雨がぱらついたりもしましたが、作業に支障が出ることもなく、楽しくイベント終了しました。

冬に溜まった毒素を排出し、春から夏にかけて必要なエネルギーを補充できる野草酵素ジュース。
萱森の里の元気いっぱいな野草で酵素ジュースを作りたい!という思いからはじまったこのワークショップも今回で4年目。

毎回、大人気のワークショップ、今回は告知後瞬く間に定員となりました。
東京から参加のご夫妻も♪

e0263590_2251264.jpg

スタッフさだやんのお宅のお庭で、momo先生のレクチャーから。
森の学校みたいな席の並び♪

e0263590_22111495.jpg

レクチャーのあとは、早速、野草採集に。

e0263590_2244467.jpg


新緑まぶしい中、2時間近くかけて、たっぷり採集しました。
e0263590_2274517.jpg


集めた野草たちを井戸水で洗い、計量します。
e0263590_22141782.jpg
e0263590_22151395.jpg


はこべ、おおばこ、たんぽぽ、蓬、ギシギシ、オオイヌノフグリ、杉、カキドオシ、つゆくさ、ヘビイチゴ、木いちご、アオキ、アジサイ、三つ葉、蕗、ドクダミ、ユキノシタ、カラスノエンドウ、ノカンゾウ、すぎな、スイバ、アザミ、セリ、クロジ、シダ類、アイビー類、ヤブカラシ、ギボウシ、ヤブジラミ、イラクサ、カタバミ、ハルジオン、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、シロツメクサ、すみれ、ヤエムグラ、スズメノテッポウ、スズメノカタビラ、梅、計40種類以上!

毒草も5種類以上の草と混ぜると中和するそうです。


今回の嬉しいサプライズ!!
e0263590_22265275.jpg

e0263590_2227785.jpg

昼食時にさだやん夫妻が蓬入りのお餅をついてふるまってくれました。
夫妻は、餅つきシーズンには引っ張りだこのプロの腕前!
さだやんの杵使いと、奥様すーちゃんの返しは、惚れ惚れするほどの手際良さと美しさです。
参加者のみんなも次々につかせてもらい、美味しい蓬餅を頂きました。
この日、餅つきするよーと話した途端にお日様が顔を出し、まるで天から祝福されているかのように餅つきの間もとてもいいお天気でした⭐️

お昼ご飯とお餅を頂いたあとは、野草をひたすらみじん切りにします。
ざくっと包丁を入れた瞬間に香りが強くなり、野草のアロマに癒されながら、地味な作業も気持ちよく進みます。
e0263590_2232232.jpg


切ったそばから樽に入れてお砂糖と混ぜてゆきます。
手についた常在菌の情報から、その人に合った酵素が出来上がっていきます。
e0263590_22382695.jpg

e0263590_22502644.jpg
e0263590_2238070.jpg

参加者全員の手を入れて完成!

あとは、それぞれ持ち帰り、1週間〜10日ほど毎日まぜまぜして完成です。
出来上がった酵素ジュースは、立秋頃までの強力な健康サポーターに♪



次回、森本組のイベントは
5月8日の「春の伐採」です。まだお申し込み受付中です。
by morimotogumi | 2016-05-05 22:57 | 活動報告

みんなできらめきをした木を、きらせてもらいました・1回目

こんにちは。森本組スタッフの三浦 豊です。

いよいよ本格的な春が近づいてきましたね。
桜の花の蕾が、次々と膨らみはじめています。

3月のはじめに、さだやん、ゆきさん、僕の3人で、きらめきをした木をきらせてもらいに、森に入りました。

e0263590_10165679.jpg


e0263590_10182317.jpg


ひさしぶりに森に入ると、今までの思い出が、たくさん溢れてきました。

森の入り口で、まずは腰を下ろして、ひと休憩です。

e0263590_1025368.jpg


ひさしぶりに森本組のみんなで森に来れて、感慨深いものがありましたが、
その日の僕は、とにかく目がかゆくて、鼻がむずむずして、くしゃみが止まりませんでした。花粉症が、マックスにひどかったです。

でもよく考えてみると、つい50年くらい前の日本には、花粉症なんてなかったんですよね。
その花粉を生み出しているのは、僕たちの先輩たちが植えてくれた、この杉や檜たちなのだと思うと、日本の自然は、なにかが根本的にずれてしまっているのかもしれないと思いました。


さだやんが、マイスターな手つきで、チェーンソーのメタテをしてくれました。

e0263590_10312130.jpg



そして、チェーンソー初心者の僕に、チェーンソーのレクチャーをしてくれました。

さだやん、ありがとう。

e0263590_10352351.jpg


e0263590_10374481.jpg



お神酒とお米をささげて、お祈りをしました。

それからみんなで、今まできらめきをした木を、きらせてもらいました。

e0263590_10555245.jpg


さだやんの動きが、まるで、ジェダイの騎士みたいで、とってもかっこよかったです !!!

e0263590_1114129.jpg


こうして、林の手入れをしてくれる人は、とても大切だと思います。
今の日本の林は、密に植わりすぎている杉や檜たちを間引いていくことが大切です。

こうして実際に森林へ行って、仕事をしてくれる人たちを、もっともっと応援したいなあと、しみじみ思いました。
さだやんの姿は、とても輝いていました。



一方、僕の動きはとてもぎこちなくて、さだやんの動きの5分の1くらいの早さと正確さでした。

e0263590_1117267.jpg


でも、ゆきさんが一緒にやってくれて、心強かったです。

ゆきさん、ありがとう。

一緒になにかをするって、やっぱり良いですね。


残った木の枝振りを見てみると、明るくなった分だけ、枝を横に伸ばしていました。

e0263590_11202826.jpg


みんなできらめきをさせてもらった森は、しずかに息を吹きかえそうとしていました。

また行きます。


森からさだやんの家に行きました。

車を停めて、後片付けをしていると、ニャー!と鳴きながら、ネコが山の上の斜面から下りてきました。

僕たちのまわりにいたもう1匹のネコが、斜面から下りてきたネコに寄りそっていました。

e0263590_11234395.jpg


そして僕はネコ2匹に寄り添われて、至福の一時を過ごしました・・。

いやあ、こんなにモテたの、いつぶりだろう。

e0263590_11261288.jpg


e0263590_11263085.jpg


写真を撮ってくれたゆきさん、ありがとう。


ネコの温かみと柔らかさを感じながら、

ああ、やっぱり、みんな寄り添って生きていきたいなあと、しみじみ思いました。

そのことを教えてくれたのは、きらめきで出会った仲間と、萱森の木々です。


萱森の森でみんなで一緒に過ごした帰り道は、なんというか、とても幸せな気分になるんですよね。

この日も、ゆきさんと、お話をしながら山を下りて、榛原駅へ向かいました。

みんな、ありがとう。


by morimotogumi | 2016-03-28 11:43 | 活動報告

森本組のこれから

とっても久しぶりの更新です。

年の瀬、みなさまいかがお過ごしですか?

先日、スタッフの豊邸にて久しぶりにスタッフ集合しました。
今後の森本組についての話し合いと忘年会。

春の野草酵素ジュース作りワークショップ以降、さだやん家の出産などがあり(無事元気な男の子が生まれました♪)、動きのなかった森本組ですが来年もゆる〜く活動していきますので、どうぞよろしくお願いします。

山主さんからお預かりしている森の間伐は、皮むきは終わっていますが。立ち枯れさせた木を伐採する作業がもう少し残っていて、これはスタッフで責任を持って、来年中には終わらせようと決意表明しました。

公開イベントとしては、2016年第一弾が、恒例となった5月の野草酵素ジュース作り。
こちらはまた詳細決まりましたらまたご案内いたしますね。


ミーティングを終えて、さだやんが森本組のメーリングリストに投稿してくれた記事がとても良いので皆さんにもシェアしたいと思います。

************************

ぼくが森本組をやっていきたいわけの一つは、いろんな人と森に入ることで、それぞれの心の森がムクムクっと育っていって、それをみんなで感じ合ってシェアしたりして、心豊かになっていきたいなあと。

そんな輪が広がっていったら、素敵な未来が開けていきそうな感じがしてて。

僕たちも育っていって、森も育っていって、そのうち樹乃葉や源ちゃん(注・さだやんの子どもたち)も友達と森に入るようになって、そのうち僕らも、おじいちゃん、おばあちゃんになって、森もどんどん立派になって、、、。
もし、50年後くらいに僕が天寿を全うするとすれば、萱森の森は80年生くらいの森になるわけだ。

そんな生命のサイクルを感じたいな〜、ということも森本組をやっていくわけの一つ。

*************************

そんな感じで、これからも森のもとに集ってはたらき、学び、あそんでいこうと思っています。

e0263590_22195933.jpg
e0263590_2219416.jpg




追伸・スタッフの豊ちゃんは、プロの森ガイドでもあります。そんな豊ちゃんが、木や森が好きになるとっておきの話が詰まった会員制サイト『forest forest』を オープンしました。こちらもどうぞよろしく⭐︎
by morimotogumi | 2015-12-23 22:31 | 活動報告

春の野草酵素ジュース作りワークショップのレポート

風薫る5月072.gif
野草酵素ジュースワークショップ当日は、キラキラといいお天気になりました001.gif

e0263590_10201323.jpg

会場の、さだやん宅の軒下につばめが巣を作っていました。酵素ジュース作りをしている間もつばめが綺麗に巣から飛び立っては戻って来て、季節感を感じました。

いつも、定員10名がすぐに埋まってしまう大人気の酵素ジュースワークショップですが、今回はなぜか人の集まりが静かでした。講師のももよさん、スタッフ含め7名プラス子供2名での少人数でゆったりと取り組むことが出来ました(^^)

e0263590_10242187.jpg

いつもどおり自己紹介から。今回は、野草酵素ジュースを作りたくてネットの検索だけから辿り着いてお越しくださった方も。自己紹介をして、ももよさんから酵素についてのお話しや今日の春の野草酵素についてなど、説明を伺ったり、参加者さんから質問をしたりなどしました。

自己紹介と酵素のお話しのあとは、まずまったりお昼ご飯をたべて、野草たちを摘みに出かけました。

e0263590_10264235.jpg

e0263590_1027645.jpg

まず、たんぼのところへ行ってみんなで草を集めました。
伸びて行く新芽の柔らかな部分、色合いが明かるめのきみどり色みたいな部分を集めます。
木の新芽があれば、それもOK。
伸びて行くエネルギーをいただき、これからの暑くなる季節の身体にサポートをいただく酵素ジュースが出来上がります。

e0263590_102954.jpg

摘んだ草。柔らかな緑が美しいです(^^)

小学生の男の子は、虫取り網に虫かごを持って来て、虫取りのやる気まんまん!
待ち合わせの駅には虫がいなかったけど、山に来るといっぱいとれました。蝶や、田んぼではかえるも2匹もつかまえて、小さな虫かごが過密状態になってました(笑)
ワークショップ終わるころには、いつのまにか放してあげていたようで、かごも空になっていました。

e0263590_10321545.jpg

e0263590_10323941.jpg

草の種類が少なかった(量は取れたけど)ので、さだやん宅に戻って、お庭や、裏手に生えている草を集めました。草を摘んでいる人も、みどりにとけ込むようで綺麗です。

e0263590_10341765.jpg

e0263590_10343723.jpg

集めた草を水で洗って。

e0263590_10374443.jpg

ざるにあげて水を切って、

e0263590_1038748.jpg

計って(草の重さの1.1倍の量のお砂糖を混ぜます。)

e0263590_10393910.jpg

e0263590_10395883.jpg

ひたすら、きざみますよ〜(笑)
断面を多くしたいので、なるべく細かめに刻みます。

量が思ったより沢山取れたので、刻むのもっと時間かかるかと思ったんですが、みんなでやると早かったです!

e0263590_10404998.jpg

e0263590_1041459.jpg

途中で、刻んだ草と、分量のお砂糖を混ぜながら進めます。

e0263590_10432712.jpg

e0263590_10434264.jpg

1個のたるに、入りきらないくらい大量に!(笑)お砂糖とよく混ぜて行くと、水気が出て、だんだん草もぺったんこになってきてかさが減り、一つのたるにまとめることができました。

全員手を入れて、まぜまぜします。手には、その人の常在菌があるので、その情報で、その人に合った酵素ジュースが出来上がるみたいです。なので、持ち帰った酵素ジュースも、1週間手で混ぜて発酵させますが、家族全員が混ぜると家族全員に合った酵素ジュースになるみたいです☆

e0263590_10463514.jpg

はかりで、均等に分けます。

e0263590_10473474.jpg

今日は、最後ゴムベラでたるについてる部分も丁寧に集めたり、おたまで分けたりしてちょっぴり丁寧でいい感じでした♪

持ち帰るときも、ずっしり重い〜!

なんだかいつもより、たくさんの持ち帰りになりました。

これから、手で一週間〜10日混ぜたら、こして出来上がりです!

なんか今からとても美味しそうな雰囲気がしてます!
というか、混ぜたら手につくので、ちょっとぺろっとなめて味見したりしていますが、美味しいです(^^;

最初は、草か〜(大丈夫なのかな?)って感じもあったのですが、今年で3年目(3回目)意外と、野草酵素ジュースってとても美味しいんですよね♪私は好みの味です☆

出来上がった野草酵素ジュースをまた今年も楽しみたいと思います♪

参加いただいた方にはとても楽しんでいただけたみたいで、秋の酵素ジュースワークショップも開催してほしいとリクエストいただいたので、状況が大丈夫そうならまた企画したいなと思います。
そのときは、よければまたご参加くださいね〜。



(ミア)
by morimotogumi | 2015-05-22 10:53 | 活動報告

森で野草のてんぷら会のレポート

2015年初の森本組イベント、春恒例の「森で野草のてんぷら会」を開催!

お天気にも恵まれて、小春日和な気持ちよい青空の下、集合場所の榛原駅では日輪をみることができましたよ♪

e0263590_2150648.jpg


まずはさだやん宅で自己紹介。みなさん、さまざまな思いを持って、このイベントを楽しみに待っててくださっていたみたい。とくに野草を食べたことのない方にとっては、ちょっと冒険な一日だね。

e0263590_2157155.jpg


庭にもたくさんの野草が。手入れをすれば立派な庭なんですが、住人がナマケモノなもので。。。でもそのおかげで庭にはお宝がザクザク!ミツバにヨモギ、ハコベにタンポポ♪

e0263590_21571215.jpg


ついつい味見しちゃうよね~。野の草を食べれる食べれないと判断できる感覚は大事だと思う。でも毒草には注意!

e0263590_21581251.jpg


山桜きれい。大阪では桜のピークは過ぎたみたいだけど、奈良の山ではこれから見ごろだね。桜の下で、摘み草できるのは素敵やね。ここには、ユキノシタやノビル、カンゾウが元気にしてましたよ。

e0263590_2159692.jpg


さあいつもの山へ。

e0263590_21591677.jpg


料理スタート!・・・と行きたいところだったけど、かき揚げ用のたまねぎを切る包丁を忘れてしまった・・・。「しまったなあ~」と、困っていると、参加者のみなみちゃんがさっそうと黒文字を出してくれた。これは、クロモジの木をナイフのように加工したもので、ふつうは和菓子の切り分けなどに使うそうだが、これが切れ味抜群!
(写真のまな板の上のタマネギの横にちょこんと置いてあるのが黒文字)


e0263590_215931100.jpg


さあ気をとりなおして料理スタート。

e0263590_21593978.jpg


いろとりどりの野草たち。春の野原は宝の山ですね。命がみなぎっている。数か月は冬景色だったのが信じられない。

e0263590_21594430.jpg


燃料はもちろん間伐材。中学生のクンクンがまき割りしてくれてます。みんなに手作りのパンをふるまってくれたりね~。できた人だよ。ほんとに。

e0263590_21594935.jpg


数日前までは雨ふりが続いたので、薪が少し湿っていて、火を安定させるのになかなか苦戦しちゃいました。
こういうコンディションでも、いかに乾いた燃料を森の中から探してくるかっていうのは、サバイバル魂が燃えますね♪

e0263590_21595524.jpg


いいですね。和やかな森の台所♪
みんなで力を合わせてごはん作り。

e0263590_2202839.jpg


てんぷら~

e0263590_2214344.jpg


e0263590_220361.jpg


結局、お昼ごはんにありつけたのは、14時くらいになっちゃったけど、野草てんぷらのうまさにみんな感激!
春一番の野草は五臓六腑にしみわたります。冬にため込んだ脂肪分を溶かしてくれるような感じ。

最後は焚き火でしめ。ちょっと煙たいな~

e0263590_2215249.jpg


参加者のみなさん。たくさんの野草たち。ありがとうございました。来年のこの季節にもぜひ野草天ぷら会をやりたいですね♪

次回は『春の野草酵素ジュース作り』でお会いしましょう♪

e0263590_222291.jpg

by morimotogumi | 2015-04-15 21:54 | 活動報告

7月13日(日)に、伐採 & 森カフェをしました。

こんにちは。森本組スタッフの豊です。

7月13日に、僕たちが皮むき間伐でお手入れをしてきた奈良の萱森(かやもり)の森で、伐採 & 森カフェをしました。


はじめは、イベント名は、ずばり 「伐採!」 とだけにしようかとみんなで話していたんですが、それだけだったら、ちょっと硬派すぎるよね・・。

ということで、今回はオーコーヒーさんが来てくださって、美味しいコーヒーを煎れてくれるということで、「 伐採 & 森カフェ 」という名前のイベント名にしました。

なんか、2つの違う要素がくっつくと、余計に魅力的に見えることってありませんか?

今回は、まさしくそんなかんじです。


この日は、朝から雨が降っていて、榛原駅で集まったみんなが、お互い思わず苦笑いしてしまうような、強い雨足でした。

今まで森本組が森の中に入って活動をするときは、不思議と晴れてばかりで、しかもただの晴れではなくて、直前までは雨が降っていたのに、森に入った途端、雨が止んで、お手入れを終えて森を出たら、また再びザーっと降る。 ということが、とっても多いです。というか、ほとんど毎回かも・・。

レインボーなかんじばかりなんです。

でも今回は、天気予報でも 「 雨 ! 」 と予報していたことだし、さすがに雨の1日になるかも。と思いました。


みんなで森( 林)の中に入りました。いつも通り、入る時にはみんなで挨拶をしてから入りました。
こうすると、なんとなく、やるべきことをやったような気がして、気分がすっとします。


高密度に生えている杉、檜林の中で、選んだ木の皮を剥く事で、どのようなことになるのか、みなさんに説明しながら森の中を歩きました。

e0263590_196076.jpg



雨模様だったので、みんなでテントを張りました。

e0263590_19181699.jpg



そして、小屋の中に入れていた板をみんなで手渡しして、テントの下に、テーブルと椅子を作りました。

e0263590_19212035.jpg



すると、あらあら不思議! なんと、雨が上がって、陽が指してきました!!!

ほんと、なんなんでしょう ・・・。

やっぱり、森に歓迎してもらってるねって、みんなではしゃぎました。


次の写真なのですが、どこか気になりませんか?

e0263590_202113100.jpg


地面に緑がたくさん! いろんな草木が、とってもたくさん生えています!

これは、僕たち森本組のスタッフにとっては、とっても、とっても、感動的な光景なのです・・。


この森のお手入れを始めたときは、植えられた杉や檜以外、地面に何も生えていない、真っ暗な場所でした。

それが時間をかけて、お手入れをしていって、森が次第に明るくなっていき、いろんな草木が地面にたくさん生えるようになりました。

ほんと、いろんな命が芽吹く事って、すばらしいことやなって、あらためて、しみじみと感じます。

e0263590_20551137.jpg


e0263590_20504232.jpg



ハンモックが大人気で、さだやんの愛娘、このはちゃんが大のお気に入りでした。

e0263590_2157539.jpg


か・・・、かわいい・・・。


みんなでお昼ご飯を食べました。

e0263590_2105680.jpg


みんなで食べると、美味しいな〜。


食後は、さだやんと三輪さんが、みんなにロープがけを教えてくれました。

結び方がなかなか覚えづらくて、みんなで教え合いました。

e0263590_21114171.jpg


そして、結んだ紐で、できるだけ木の高い位置にひっかけるようにします。森のカウボーイ、カウガールってかんじです。

e0263590_21131826.jpg



それから、さだやんが、みんなにチェーンソーの使い方を教えました。

いよいよ、伐採らしくなってきました。

e0263590_2115111.jpg



そして、さだやん先生による、伐採です。

バーン!!!   やっぱり、1本の木が倒れるだけで、まわりは大きな変化なんだなあと、あらためて感動しました。

e0263590_21194028.jpg


みんなで、さだやんが切った丸太を、細かく伐りました。

e0263590_21212439.jpg



一段落がついたところで、休憩しました。

そしてお待ちかね!コービータイムです。

e0263590_21224259.jpg



オーコーヒーさん、お菓子も、持ってきてくれました!!

e0263590_21243722.jpg


e0263590_21341176.jpg


コーヒー、とっても美味しかったです!

ほんと、ごちそうさまでした。^^

e0263590_2138245.jpg



そして、森本組では恒例の、終わってからのシェアタイムです。

いろんな人の、いろんな話が聞けて、僕はこの時間が大好きです。

e0263590_21413757.jpg



後片付けをしているとき、すごいのを見つけて、思わず、ミアちゃんを呼んでしまいました。

ミアちゃん、写真を撮ってくれて、いつもありがとう。^^


なんと! けやきの赤ちゃんです!!

e0263590_21432497.jpg


真っ暗だった林が、けやきの赤ちゃんが生えるような場所になったと思うと、ほんと、感動で胸がいっぱいになりました・・・。


すてきな森の1日、今日も、ありがとうございました。
by morimotogumi | 2014-08-01 22:00 | 活動報告

第2回「木工ワークショップ」レポート(後半)

お昼ご飯のあとは、私とくんくんはスプーンを、ゆきさんはカッティングボードをつくりました072.gif001.gif

まずは、木の板に、作りたいスプーンの輪郭をデザインします。
e0263590_2002943.jpg


その輪郭線にそって、糸鋸でカットしていきますが、これがなかなか難しい!
振動がけっこう激しいので、強く板を押さえながら、慎重にカーブを描いていかなければならないです。くんくんは自分自身で作業をすべてトライ!
e0263590_2031183.jpg

e0263590_204445.jpg

e0263590_20383960.jpg

切れました〜!満足そうな笑顔が素敵☆

私は、前回のカッティングボードのときに、書いたラインと全然違うふうにしか切れなくて(機械が苦手^^;)さだやんにカットをお願いしちゃいました。。。
e0263590_2074113.jpg

慎重に慎重にカーブを切り進め、、こんなに綺麗に切ってくれました!
e0263590_2082911.jpg

この時点では、ただのスプーンの形をした板(^^;にすぎませんが、ここから、丸ノミを使って削ってスプーンの形を彫り出していきます。

e0263590_2010386.jpg

ああ〜気が遠い、、、(T T)、、しかも、結構力も要ります。
この時間中に仕上げたくて急いじゃったけど、これは無理しないでゆったりと少しずつ削ったほうがいいものが出来そうに思いました。

e0263590_20133498.jpg

くんくんのスプーン。集中して彫っていって、彫り上がっていくのも早かった〜!

さだやんのスプーン。磨き上がって、こんなに綺麗に出来上がりました!すごい!!
e0263590_2019416.jpg


ゆきさんはカッティングボードを♪
e0263590_20174876.jpg

まずはデザインを描いて、
e0263590_20181886.jpg

e0263590_2018446.jpg

カットします(^^)
ゆきさんも自分でカットされていました。綺麗に切れてました〜。
このあと、持ち手に穴を開けて、ふちをやすりをかけてなめらかにして出来上がりです。

おやつタイムは、前回作ったカッティングボードにきなこと玄米粉のクッキーと、くんくんにいただいた枝付きの干しぶどうを載せて。
e0263590_2022493.jpg

e0263590_20222553.jpg


おやつタイムをはさんで、作業は続き、みんなの作品が無事に出来上がりました〜(^▽^)/☆
e0263590_20243311.jpg


くんくんのスプーンは、カーブをカップに引っ掛けられるデザインになりました♪
e0263590_20252659.jpg


最後にみんなで作品を持って記念撮影をしました(^▽^)/♪
e0263590_20264956.jpg

みんな笑顔が素敵〜!!

今回もみんな素敵な作品が出来上がってよかったです♪
さだやん、今回も一人一人に丁寧に教えてくれてありがとう!

家に持ち帰って、私は自作のカッティングボードを普通にまな板として毎日使わせてもらっています。いつも小さめのまな板を使っているので、このサイズが丁度良いです。
e0263590_20283031.jpg


手に持つと、しっとりとしてほどよい重量感があって、本物の(?)木って、すごいなあ、いいなあ、と思います(^^*
ヒノキは、シルクのような、キメの細かな微妙な光沢感があり、とても美しいんですよ☆
そして、使う度に良い香りがします。

ヒノキのまな板って、よく売っていますが、自分たちのお手入れをした森の木をこうして使わせてもらってみて、なんだか、知らない人ではなく、自分を長い間知ってくれている親しい友人がずっとそばにいてくれるかのような、、そんな安心感を使っててふと感じました☆

なかなかこんな贅沢なこと、ないなあって思いました☆
身近なものとして、みんなでお手入れをした森の木を使わせてもらえて、幸せを感じています。

実際、ものとしても、自分で作ってるかわいさもあるけど、それでもとってもおしゃれで素敵なものだよなあって思います。

また、木工ワークショップが開催される際にはよかったらぜひものづくりをしに来てくださいね〜(^^)/

7/13(日)には、樹の伐採と森カフェのイベントもありますよ♪
こちらにも、よろしければぜひ遊びに来てくださいね☆


(ミア)
by morimotogumi | 2014-06-29 20:35 | 活動報告

第2回「木工ワークショップ」レポート(前半)

久しぶりの活動報告ブログを書きます、ミアです001.gif

最近は告知ブログ更新が多かったので、ほんと久しぶりな感じです〜。写真を多数おり混ぜて、木工ワークショップの様子をお伝えしたいと思います(^▽^)/☆

今回は、中学生の女の子のくんくんがお一人で参加してくれました!

彼女は、昨年のきらめ樹にもやはり1人で参加!小学生なんだけど、知らない大人の人ばかりのなかに1人で参加☆自分が小学生のときは全然こんなにしっかりしてなかったなあと思い印象に残っていました(^^)モバイルハウスを自分で作ったり、きらめ樹した材をそこに使ってくれたりもしていました。

今回木工ワークショップに来てくれて、嬉しかったです♪

さてさて、今回は、お箸、スプーン、カッティングボード、お皿から、2種類選んで作るという内容。

私とくんくんは、お箸とスプーン。ゆきさんは、お箸とカッティングボードを選びました☆

e0263590_113143.jpg

こちらは、さだやん制作の見本たち。

そして、さだやんが作り方を説明してくれました。
お箸の長さは、親指と人差し指を開いた長さの1.5倍くらいにすると丁度いいんだそうです☆
e0263590_1143776.jpg


お箸の長さを決めたら、四角い棒状にカットしてくれている木を選んで、カンナを使って削っていきます。
e0263590_1172553.jpg

木を選ぶ時になるべく反りや歪みの無い物を選んでいきます。

選んだら、小口の対角線場に×の形に線をひいて、中心を決めます。
中心を決めたら、いよいよ、カンナをかけて、削って行きます。
e0263590_11103416.jpg


小さな手カンナを使って削って行くのですが、「気持ちいい〜」とゆきさん。
実際、カンナって私も前回はじめて使ったのですが、カンナをかけていると、だんだん無心になってきて、その木のなめらかに削れる手応えなんかもとても気持ちいいのです☆
カンナをかけていると、だんだんみんな無言になっていって、静かな時間が流れます。
e0263590_11144313.jpg

ネコもくつろいですやすやと眠っています。工房に流れるゆるやかな空気が心地よい☆

さだやんは、試作のスプーンをヤスリがけをして仕上げていました。
e0263590_11181797.jpg


お箸が出来上がってきました!
くんくんのお箸は大人用に比べると小さくてかわいかった〜。
e0263590_11204172.jpg


仕上げに、柿しぶ(無臭のがあり使いやすいです)を塗りました。または、何も塗らず植物油を塗り込んで仕上げにしてもOKです。
e0263590_1122213.jpg


柿しぶを木に塗ると、とても美しいピンク色に仕上がります!柿しぶがこんなに美しい色合いのものだとは☆すっかり木+柿しぶのファンになってしまいました。
e0263590_11251728.jpg


ここで、いったんお昼ご飯を食べることに。
さだやんが、さくらんぼや、じゃがいものおかずを出してくれて、豪華なランチになりました☆
e0263590_11302481.jpg

e0263590_11314563.jpg

e0263590_11332222.jpg


(後半につづく)
by morimotogumi | 2014-06-29 11:34 | 活動報告