― 森のなかで はたらき まなび あそぶ ―
by morimotogumi
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
お知らせ
活動報告
工房の作品
ミーティング
未分類
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
メモ帳
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
ラストイベント終了!ありがと..
at 2016-07-12 23:58
森本組最後のイベントのご案内..
at 2016-06-10 22:17
春の伐採! レポート
at 2016-05-11 09:12
植物の恵み頂きました〜春の野..
at 2016-05-05 22:57
春の野草酵素ジュース作り
at 2016-04-08 22:38
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

5月19日実習会レポート(後半)

実習会レポート後半です♪

e0263590_1855281.jpg

人間も自然の一部なので、その生き物として備わっている感性をつかって、森に残す木を選んで行きます。

まず、中心にしたい木を1本好きな木を選んで、その木を中心に、釣ざおをまわして、半径4メートルの円(50㎡)のなかに入る木を、「残したい木」を選んでいきます001.gif

以前は、断面積合計の計算を基準に、残す木を選んでいましたが、今回からは、まず感性を使って、「好きだと感じる木、残したいと感じる木」を選んでいきます。ひとりでも、「好き、残したい」という意見が出た木はとりあえずは残す選択をしました。
残す木には、黄色いテープを巻いていきます。中心になる木には2重にテープを巻きました。

e0263590_18595180.jpg

途中から、釣り竿をふる役を子供たちにも手伝ってもらいました。釣り竿の先端が触れた木はすべて選木をしていきます。

みんなの意見で残した木が適正な密度になっているかを、釣り竿に貼ってある早見表を見て、確認します。エリアのなかで、3番目に太い木の太さをもとに、早見表を見て確認をします。

e0263590_1921327.jpg

地上から120センチ高さの胸高直径を計っていきます。3番目に太い木は、胸高直径が22センチでした。
早見表を見ると、、
e0263590_194423.jpg

20センチの場合は5本、24センチの場合は4本。この本数にプラスマイナス1本までの調整はOKなので、5本か、6本を残すのがよいかな、と相談をしました。

みんながテープを巻いていた木は、8本。ちょっと、多かったので、どうやって木を減らすかをみんなで相談しました。結果、もう一度、この木は残したい、と思う木のところに、みんなに立ってもらいました。不思議と、1本だけの木に、偏ることはなくて、それぞれが残したいと思う木のところにあらためて立つと、ちょうど5本の木が残ることになりました。
切ることになった木から、目印のテープを外しました。
これで適正密度になっている、ということになります。

e0263590_1983714.jpg

さて、森本組では、以前の「計算による選木」から「感性による選木」への移行期なので、感性で選んだ木が、計算での適正密度である、胸高断面積35〜40㎡になっているのかどうかを、確認をしてみようということで、ふたたび、釣り竿をまわして、エリアに入っている木の胸高さ直径を計って、以前使っていた計算の表に書き込み、すでに選木は出来ているので、選んだ木の断面積を足してみました。
e0263590_19114925.jpg


参加者さんに表への記入をしてもらい、いよいよ計算、、、
なんとなんと、作業前の断面積合計が76.6から、みんなの感性で選んだ木の残す木の断面積合計は、、35.6になりました!

すごい!!数字で見ても、ぴったりの適正密度になりました005.gif
ちょっとびっくり、感動〜003.gif

本数的には14本中、5本を残し9本を間伐しました。今回のエリアはヒノキ。

以前までは、エリアを、四角く区切って、それを四隅にヒモを張り巡らせて、ゾーンをつくる作業をしていましたが、これが斜面のところで平行をだしたり、なかなか大変な手間のかかる作業。今回からは、ロープを張って境界を作る作業も要らず、釣竿を振るだけでよくなって楽々!

はじめての釣り竿による選木で不安もありましたが、参加してくれた方からは、好評でした016.gif

以前は木に番号をふって、実感というよりは、ひたすら計算をして、出て来た数字に合わせて木を選んでいましたが、

今回は1本1本の木を、みんなが見たり触ったりして丁寧に見ていたことが印象的でした。
好きかどうかで選ぶのっていいね、ってみなさん言っていただいていました。

それから、残す木も、切る木に対しても、同じように大切にしている感じが持ててよかったというふうに、言っていただきました056.gif

1本1本の木に、ちゃんとかかわった、という満足感、納得感がある感じでした。
楽しいね〜いいね〜ってなってもう1ゾーンやりたいね、ということになったのですが、時間を見て、今回は1ゾーンで終了することにして、皮むきへ。

まずは、いのちの移し替えの儀式をしました。
吉野の林業家さんの間に伝わる方法だそうです。
代表として1本の木を選んで、その木の根もとにお米・お塩・お酒をぐるっと1周ふりまき、みんなで木を囲んでお祈りをしました。森にとっても、人にとっても、すべてにとって一番よいように、いのちが生かされて行きますように、、そして今日の作業が安全にできますように、、まさやのリードで、おいのりの時間を持ちました。

おいのりをした木をデモンストレーションをして、みんながそれを見ています。
e0263590_1924329.jpg

e0263590_19244228.jpg

e0263590_19252247.jpg


水を元気よく吸い上げているようで、とても綺麗に皮が上のほうまでむけていきました。

木肌がきらきらひかっていて、参加者のみなさんも感動!でも、森本組のみんなも、半年以上ぶりに目にする木肌の美しさに、新鮮な感動を覚えていました。
e0263590_19272737.jpg

思わず集まって来て、木に触れたくなります。

e0263590_19284018.jpg

のりちゃんと一緒にのこぎりで切れ目を入れます。
e0263590_1929367.jpg

切ることになった木を、きらめ樹(皮むき)しています。
今回はどの木もよく水をあげていて、すべての木がきれいに上のほうまで剥けていました。

e0263590_19304774.jpg

e0263590_19312852.jpg

思ったよりきらめ樹する木が多くてしっかり作業をした感じ。

e0263590_19323222.jpg

道際ちかくに、コナラのあかちゃんが生えていました016.gif
どんぐりのなる木^^ちょっと嬉しくなります♪

e0263590_19341237.jpg

きらめ樹を終えて、以前きらめ樹をして、明るくなった場所を見学してもらうため移動しました。ここは木を切り出しをしている場所です。草も、いろいろなのが生えて来ています。心無しか、みんな「地面がふかふかになって来てない??」って言っていました001.gif

これも、草が生えたり、おひさまが当たったりしている、効果でしょうか?地面が少しずつ良くなって来ているみたいです058.gif

e0263590_19362997.jpg

e0263590_1937816.jpg


釣ちゃんの紙芝居!どうやって森が元気になるのかが、きれいなかわいいイラストをともに分かりやすく楽しく描かれています♪

e0263590_19381944.jpg

紙芝居の枠はこの森の木でのりちゃんが作ってくれました♪ヒノキがいい感じに黄色くなってきている。杉は白いままの木肌。
うしろに注目!花が咲いてるの〜♪なんにもなかったこの森でお花をバックに紙芝居!!嬉しい〜♪

e0263590_19405913.jpg

まさやが巻貝の貝殻を見つけました。
ここは、以前棚田だった場所なので、田んぼに住んでいた貝なのでしょうか??

e0263590_19413698.jpg

紙芝居のわくを、地面においたら、生えてきた草がまるでアートみたい♪絵になる〜♪

e0263590_1943546.jpg

以前にきらめ樹した木の、ノコギリを入れた皮との境目に、苔がもふもふ生えていました!
なんだか、感動〜。いのちが芽生えてる感がなんとなく嬉しくなります001.gif

e0263590_19445421.jpg

帰りに、のりちゃんが田んぼによってお仕事をしていました。
子供達はさっと、車から降りて、田んぼに興味津々の様子006.gif

e0263590_19461234.jpg

のりちゃん家にもどって、シェアの時間。
みんなでひとりずつ、感想を言い合いました。

みんなでいろんなことを体験して、充実した1日でした!

来てくださったみなさん、ありがとうございました072.gif

また是非森に来てくださいね〜001.gif




(ミア)
[PR]
by morimotogumi | 2012-05-27 19:52 | 活動報告

5月19日実習会レポート(前編)

5月19日、萱森の森で、今年はじめての実習会を開催しました001.gif

(写真が多く、少し長くなってしまったので、前編・後編に分けてみます042.gif

4月は、お天気が雨だったので、今年はこれがはじめての実習会になりました!この日はお天気は本当に気持ちのよい、快晴になりました!!058.gif

e0263590_18105992.jpg

まずはのりちゃん家でレクチャーです。レクチャーといっても、以前のような感じとは少し違っていて、会の今までの活動の変遷のお話しをしていくなかで、人工林や間伐についてお伝えしていくという感じ。

e0263590_18123992.jpg

何故か、のりちゃん家のお庭に置いてあった薪割りにみんながはまる、、盛り上がり過ぎて出発できない感じだったので、ちょっと手をとめてもらって、、出発です035.gif

e0263590_18142434.jpg

e0263590_1815419.jpg

あまりにも気持ちのよいお天気に、お昼ご飯は、鳥見山公園で!
つつじが見頃になっていました

e0263590_18152510.jpg

おおきなもみじの木の新緑が美しかったです^^

e0263590_18181677.jpg

つつじと新緑にかこまれ、おひるごはん♪

e0263590_181998.jpg

参加者のかたに、美味しい和菓子の差し入れいただいちゃいました!みんなでぺろり011.gif美味しかった〜ありがとうございました♪

e0263590_18201785.jpg

ようやく森へ(笑)

e0263590_18211192.jpg

森へ行く途中にある小さな水の流れに手をつけて「マイナスだ!(冷たい)」とはしゃぐ子供達。なかなかにキレイな水が流れています。

e0263590_18233229.jpg

目が覚めるような新緑の緑いろ072.gif

e0263590_18245813.jpg

萱森でずっと手入れをしてきた森は、手入れをしていない場所も、残りもうわずか。
今回は森の入口に近い場所を間伐をしました。

e0263590_18255178.jpg

今回から、選木方法が変わります018.gif

釣り竿を使った選木方法!今回がはじめてのトライでちょっとドキドキ。でも、体験したことのあるゆたかちゃんが居てくれているので安心です^^私のほうから、説明をしたあと、ゆたかちゃんにリードをしてもらいました。

e0263590_1830218.jpg

これが選木に使う釣り竿です。
e0263590_18311655.jpg

先端に、目印になるようにポンポンを作って付けました^^
e0263590_18321985.jpg

先端から、4メートルのところを計って、印をつけます。
この印を、木にあてて、その木を中心に釣ざおをまわして行くと、半径4メートルの円ができます。この面積が50㎡になります。

e0263590_18342299.jpg

このような早見表を貼付けて使います(「これならできる山づくり」鋸谷茂著にのっている表をコピーして貼付けて使用しました^^)

この釣り竿をつかって、いよいよ、残す木と間伐する木を、選びます!



(後半に続く)
(ミア)
[PR]
by morimotogumi | 2012-05-27 18:40 | 活動報告

5月15日ミーティング

5月15日ちょっとした遠足に行く&ミーティングの予定が、天気予報が雨だったので、予定を変更してまさや宅でミーティングをしました。

e0263590_1744404.jpg


森本組のミーティングに欠かせないもちよりご飯♪今日もたくさんのお料理がならんで、色合いも美しい!美味しかったです〜001.gif

e0263590_17461774.jpg


e0263590_1746199.jpg


まさやが、おうちに咲いていた花を活けていてくれました。
こういうちょっとした心遣いってとても嬉しいです☆カフェみたいなおもてなし。

e0263590_17482720.jpg


ミーティングもちゃんとやっています(笑)

今度はじめての企画のいちにち村のことなどを話し合いました(^^*)

それから、ゆたかちゃんからは、秋に萱森の手入れをしてきた森におがやさんをおよびして森をみていただく講習会の企画をしたいという提案もしてくれて、みんなでどうしたいかを話し合いました。

e0263590_17503717.jpg


ミーティングが終わったら、恒例(?)お茶タイム!

今日のお菓子は、のりちゃんがお家で飼っている、限りなく自由に育っている放し飼い?の鶏さんたちの卵で作ったふわんふわんのシフォンケーキ!

卵、本当に生命力があるというか、、殻も、なかなか割れなかったり、割った時も白身や黄身も元気いっぱい盛り上がっていてとても力強いです。

e0263590_17534155.jpg


手に持つと、ちょっと「しゅわっ」という音がする011.gif

のりちゃんの自由飼い卵のシフォンケーキ、とっても美味しかったです003.gif



(ミア)
[PR]
by morimotogumi | 2012-05-27 17:57 | ミーティング

5月19、20日(土・日)きらめ樹と新企画・・・

みなさま、こんにちは。早いものでもう5月なんですね。
今月は土日2日続けての企画を予定しています。泊まりもできますよ。
(まさや)


********************************************
5月19日(土)
森を蘇らせる皮むき間伐「きらめ樹実習会」in 奈良

********************************************

日時:2012年5月19日(土)10:00~17:00
10時 近鉄大阪線榛原(はいばら)駅北口 ロータリー集合
桜井市萱森の山まで車に乗りあわせて移動します。
※お車でお越しの方へ:
 北口はわかりにくいので時間に余裕を持ってお越しください。

料金:
☆昼の部/一般2000円(リピーターの方は500円引き)
高校生大学生1500円
小・中学生1000円
小学生未満 無料

持ち物:
弁当・水筒・筆記用具・雨具(かっぱ)・保険証・軍手・のこぎり(あれば)・木の周囲を測るメジャー(やわらかいもの。あれば)・ゴーグルかサングラス(木屑が目に入るのを防ぐため、必要な方)

※作業により服が土などで汚れたり汗をかいたりすることがあります。
 気になる方はお帰りの際の着替えをお持ちください。
※保険には入っていません。事故や怪我には十分ご注意ください。

服装:
すべりにくい作業用の靴、
防寒着(森の中は日が当たらず、天気により冷え込むことがあります)、
虫刺されなどが気になる方は、長袖、長ズボン(明るい色のもの)
の着用をおすすめします、

宿泊(希望者のみ):
翌日のイベントにも参加したいという方は、
そのまま会場になっているスタッフさだやんの家に宿泊もできます。
宿泊 500円、1食 500円です。
宿泊希望の方は、お申し込み時にお伝えください。


***********************************
5月20日(日)
“森のなかではたらき まなび あそぶ”
いちにち村のご案内

***********************************

2009年からはじまった、
奈良県桜井市・萱森でのきらめ樹。

今、きらめ樹した多くの木が葉っぱを落とし、
森はずいぶん明るくなりました。
たくさんの下草も育ちはじめています。
きらめ樹した木はゆっくりと乾燥し、切り出しの適期を迎えています。

「機械を使える人しか関われない」と思われがちな切り出しこそ
みんなで楽しく、気持ちよくすすめていきたい。との思いで、
私たちはこのたび“森のなかではたらき まなび あそぶ”
その日だけの「むら」をつくることにしました。

森本組の面々は、ほぼ男女半々。
機械の扱いや力仕事が決して得意ではないメンバーもいますが、
森の理想形がそこに暮らす生きものの多様さにあるように、
自分たちの多様な「できること」をしあって
いっしょに心地いい空間をつくっていくことはできるはず。

たとえば、木を切る人、運ぶ人、
みんなのためにごはんをつくる人、お茶やおやつを用意する人、
火をおこすための薪を集める人、森のみんなのために音楽を奏でる人、
写真や映像でその日を記録する人、伝える人、
ほっとひと息つける空間を整える人…

一人ひとりがみんなを感じながら、したいことをする。
休みたい時は休む。遊びたい人は遊ぶ。技や背中を見習うもよし。
それが次へ、次へと続いていく創造の魔法。

森の力とつながって、
人が本来のはたらきを取り戻すことができますように。

いちにち村は、これからも時々森の中に発生する予定です。
どうぞお気軽にご参加ください。



*-*-*-*-*-*


・とき 5月20日(日)
 朝10時 近鉄榛原(はいばら)駅北口ロータリー集合
 車で乗りあわせて現地へ向かいます。
 17時半ごろ解散予定。
※お車でお越しの方へ:
 北口はわかりにくいので時間に余裕を持ってお越しください。


◎だいたいの流れ(予定)◎

この日は初回ということで、
まずは森本組の動きに沿って森に入ってもらうかたちになります
(森に慣れてきたら、自主的に動いてもらうのもいいなと思っています)。

現地に到着後、まずみんなで歩いて森の様子をみていきます。
その後、切り出し班、森カフェ班、その他(?)に分かれて
お昼ごはんをはさんでそれぞれのことをすすめます。
一日の最後には全員で集まって、シェアリングをしたいと思っています。



・参加費
 一般  1000円
 小中学生 500円
 小学生未満 無料
 (お金がない方はお気軽にご相談ください)

持ち物:
お弁当・水筒・雨具(かっぱ)・保険証・軍手
☆みんなとシェアできる食べものの持ちより歓迎です。

※作業により服が土などで汚れたり汗をかいたりすることがあります。
 気になる方はお帰りの際の着替えをお持ちください。
※保険には入っていません。事故や怪我には十分ご注意ください。

服装:
すべりにくい作業用の靴、
防寒着(天気により冷え込むことがあります)
虫刺されなどが気になる方は、長袖、長ズボン(明るい色のもの)
の着用をおすすめします。


【すべてのお申込・お問合せ : 森本組】
morimotogumi123(at)gmail.com
080-1477-2431(さだひさ)
090-9213-8401(よしかわ)

☆前日までにお申し込みください。
 お申し込みの際は、お名前、当日連絡がつく連絡先
(電話・メールアドレス)、移動手段(車・電車)をお伝えください。
 20日参加の方へ…希望する班、森の中でしたいことや興味のあることがあれば
 お知らせください。(当日でも大丈夫です)

[PR]
by morimotogumi | 2012-05-03 10:02 | お知らせ

4月22日 実習会と伊勢の森報告会と森ワールドカフェ

4月22日、今年初の実習会!となるはずの予定だったんですが、あいにくの雨で、ぼくの家の中ですごすことになりました057.gif

e0263590_15524994.jpg


午前中は、まさやが、桜井市萱森できらめ樹をやり始めて、今の森本組にいたったまでの活動の経緯を説明してくれました。

2009年から活動がはじまって、今年で4年目。

森よみの大西さんに講師に来ていただいてきらめ樹をしり、毎月実習会を重ね、皮をむいた木が葉を落とし、その隙間に光がさしこんで、あたらしい緑が生まれ、切り出した木を製材して、木の恵みをいただく。
今までの活動の中に生命の循環を感じました035.gif

そして、ミアちゃんから、伊勢の森の報告。
e0263590_1630098.jpg


やっぱり何度みても、美しい森でした!実際に行ってみたいし、近所の森もいずれこんなんになったらええのになあと、憧れのまなざしで見ちゃいます。ちなみに来年が伊勢神宮の式年遷宮ですが、それに関する催しは、平成17年からはじまっているそうです。さずがすごいスケール!

午後からは、つりちゃんが森の紙芝居を披露してくれたのですが・・・そのあとの、たあさん(何度も山に足を運んでくてるメディスンカード占い師・森本組スピリチュアル顧問)の紙芝居指導がすごかった。

e0263590_16494043.jpg


聞き手の心をグッとつかむメソッドをたくさんちりばめた、紙芝居のやり方。一枚の紙の送り方だけで、あんなに想像力を引き立てられるなんて・・・。たあさんの占いがすごいのは体感してましたが、紙芝居も、とは・・・。引き出しの広い方です。。。

そして、かんちゃんが「きらめ樹の歌」を披露してくれました!

e0263590_16505773.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「きらめ樹のうた」 菅ちゃん

やわらかな祈りにさそわれて
どこまでゆこう
出逢ったこの地球のたくさんの
きらめくわ なみだ

みつけたお日様抱きしめ
のばす太いあし
木々が揺れ大地に光さし
青葉きらめく

あぁ うつくし
あぁ うれしくて
ゆっくり ゆっくり こころ

あわて急ぎゆく街の色
遠ざかる山の声
何度も何度も確かめる
ここにあることを


これから始まるあさのにおい
繋がり治すいのち
木々が揺れ 大地光さし

青葉きらめく
森がきらめく
君がきらめく

・・・・・・・・・・・・・・・・・

歌詞だけでもすばらしいなあ。
実際に歌ってもらうともっとすばらしいよ~
動画もとってみたのですが、youtubeとかのアップの仕方がわからないので、そのままにしてますごめんなさい。
ぜひぜひ今シーズンに、森で聞きたいなあ。っていうか、絶対聞ける気がします。かんちゃん、帰っておいでー!

今回は、雨にも関わらず、うちまで足を運んでくださって、本当にみなさんに感謝です。
木一本一本に対する姿勢がほんとにすばらしいなと思います。
ぼくは、だんだん多くの木を切ったりするうちに、木一本に対する思いが薄れていってる、感覚がマヒしてるような気がして、そんな自分を反省したりした、1日でした。
[PR]
by morimotogumi | 2012-05-02 17:16 | 活動報告