― 森のなかで はたらき まなび あそぶ ―
by morimotogumi
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
お知らせ
活動報告
工房の作品
ミーティング
未分類
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
メモ帳
検索
その他のジャンル
最新の記事
ラストイベント終了!ありがと..
at 2016-07-12 23:58
森本組最後のイベントのご案内..
at 2016-06-10 22:17
春の伐採! レポート
at 2016-05-11 09:12
植物の恵み頂きました〜春の野..
at 2016-05-05 22:57
春の野草酵素ジュース作り
at 2016-04-08 22:38
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:活動報告( 43 )

10月13日いちにち村レポート☆(前編)

一気に寒くなって来ましたね〜072.gif

さて、先日10月13日のいちにち村レポートです。レポートは久しぶりに当たったのですが、いつも写真をだいたい私が撮っているので、みんなうまくチョイスしてくれてるな〜と、読むのが楽しみなのですが、自分が書くと、ついつい、これもこれもとなって、結局写真も多くて長いレポートになりがちです(^^;、、、ちょっと長いかもしれませんが、よかったら読んでみてくださいね〜。写真多めでいきます072.gif

当日はとってもいい天気でとても心地よく過ごせました☆

実は今回のいちにち村は、直前まで参加者さんがいなくて、スタッフの事情もあってもしかしたら中止になるかもしれなかったのですが、直前に参加申し込みをいただいたので、開催することになりました!でも結果的にはすごくいい時間になったので、申し込みしていただいて良かったです♪ありがとうございました〜。

今日も道の補修を☆前回とは違う箇所を補修することになりました。
e0263590_22101522.jpg

少し写真では分かりにくいのですが、山の道なので、大雨など降ると、土が谷川に向かって流れて行ってしまって、どんどん道が削れて行ってしまうんですよね(^^;、、、
写真左手の谷側の土が流れて行きつつあるので、今回はここを補修することになりました。

森に行って、木を切り出して、杭や丸太などを運んできて補修をします。

森につくと、前回も道の補修の時に参加してくれた林業のお仕事をされているMさんが「これ、危ないから倒してしまわないと」と

全然違和感が無かったのですが、何故だか途中まで切って、倒してなくて、上のほうの枝がかかって倒れず止っているという状態の木があったので、まずこの木を倒すことにしました。

もう切り株から幹は切り離されていたようなので、ロープをかけて引っ張ります。
e0263590_22162843.jpg


e0263590_22255328.jpg

見てると割と軽い力でひっぱってたので、そんなんで倒れるのかな?と思ったけど、以外とふわ〜っという感じで、なんだか重力が軽いのか??って感じで軽やかに倒れていました(^^*

e0263590_2228428.jpg


e0263590_22302639.jpg

小屋に直してある板を運んで来て、丸太に乗せるだけ!これで立派なテーブルとイスになります035.gif

e0263590_22322729.jpg

ハンモックを設置。木に括り付けたら出来上がり!

e0263590_22341947.jpg

着替え用テントを使って簡易的なお手洗いも設置しています。写真は、さだひさ工房のりちゃん作のペーパーホルダー♪猫の足のような曲線がカワイイ!ペーパーを差し込んでいるのは、細い枝の皮をむいたもの。これがまた可愛い☆
うちでは、ティッシュを使わないようにしていて(柔らかティッシュの材料が結構海外の原生林の大きな木だったりするようなので)再生紙ロールをティッシュ代わりに使っているので、このホルダーを一つ注文しちゃいました♪これなら、お部屋にあっても可愛いです016.gif

e0263590_22405145.jpg

まずはお昼ご飯。栗や柿など季節の差し入れもいただきました☆美味しかったです。

はじめて来てくださった方もいて、お昼ご飯タイムに自己紹介もしていきました。
実習会のときは、割とプログラムが決まっていて、時間を見ながら進行していくのですが、なかなかゆっくりお話ししたりする時間がないので、いちにち村でこうやってゆっくり話せたりするのもいいね〜と言っていました。

e0263590_2245125.jpg

お昼ご飯が終わって、少し木を切り出したり、杭を作ったりします。
のりちゃんが木を切る前に、チェーンソーの目立てをやっていました。専用の道具で、一つ一つ刃を研いで行きます。思ったより、繊細な作業のようでした。

e0263590_22464613.jpg

Mさんに、参加者さんにチェーンソーの使い方や、木の切り倒し方をレクチャーをしてもらいました。いつもありがとうございます!

この写真は、切り倒す木を、どの方向に倒したらいいと思うか?をみんなに考えてもらっているところ。

e0263590_224962.jpg

チェーンソーの使い方を教えてもらっています。

e0263590_22512663.jpg

まずはMさんに1本倒してもらいました。スペースがあいて来てて、かかり枝がなかったため手で押しただけで綺麗に倒れててびっくり。まず、ノコギリで枝を払います。

e0263590_22524695.jpg

2メートルの丸太に玉切り。チェーンソーを使ってみます。

e0263590_22535274.jpg

綺麗に切れました!

e0263590_22542396.jpg

順番にチェーンソーを使ってみてます!

e0263590_22555229.jpg

チェーンソーの扱いにも慣れて来たところで、切り倒しにもトライ!

e0263590_22571235.jpg

受け口を作ってます。パックマンの口みたいな形の切れ込みを入れます。この受け口が大事なようです。

e0263590_2258597.jpg

これは、何をしているのかというと、木の倒れる方向を確認しているんですね。
木をどの方向に倒すか決めてから、受け口を作るのですが、その受け口の丁度中心が指している方向に木は倒れて行くので、受け口が大事なのはこのためのようです。今まで教えてもらった方も、だいたいみんな受け口作りには非常に慎重かつ繊細に扱われていた方が多かったです。倒したい方向から少しずれていたので、受け口の修正を行ないました。

e0263590_2314113.jpg

追い口も入れてこんな感じになりました。

e0263590_2322567.jpg

かかり枝があったので、ロープでひいて倒すことにしました。よいしょっと☆

e0263590_2331612.jpg

無事倒れました〜。

e0263590_23467.jpg

出来た丸太を運びます。

e0263590_2344840.jpg

車に積み込んで、補修する場所まで運びます。

e0263590_236743.jpg


(後半に続く)
(今回の記事担当・ミア)
[PR]
by morimotogumi | 2012-10-19 23:12 | 活動報告

9月25日のいちにち村

こんばんは。スタッフの豊です。

先日、9月25日のいちにち村の報告をさせてもらいますね。


快晴の秋晴れでした。

ところが、参加者さんゼロ・・。でもまあ、スタッフだけでも楽しもうというのが「いちにち村」やもんね〜ということで、気にしないで森へ向かいました。

それにしても、僕たちがお手入れをさせてもらっている萱森の森は、月日が経つにつれて、すばらしいことになっています。

どう素晴らしいことになっているのかというと・・、ちいさな草木がふわーっと生えてきているのです。

e0263590_2201531.jpg


e0263590_221669.jpg



作った机と椅子を持って来て、お昼ご飯を食べました。

e0263590_2221440.jpg



お昼ご飯を食べてから、今日のメインワーク!植生調査を、みんなでやりました。

将也くんが、草の識別に、とっても分かりやすい本を持って来てくれて、それが大活躍してくれました!

e0263590_2242655.jpg


体をかがめて、芽吹きはじめたカワイイ草木たちを識別していると、とっても綺麗なトンボが飛んできました。

e0263590_2254138.jpg


e0263590_22365196.jpg


でも、おやおや、さだやんがハンモックで昼寝してます。とっても気持ち良さそう!
僕も後でやろっと。

ノリノリで、草木の識別が進みます。

e0263590_2265434.jpg



森の中で、とくにすごいことになっていたのが、去年の台風で木が倒れた所でした。

草木でびっしり。すごいなあ。自然にこんな風になるなんて。

なんとなく、神秘的な空気が場に漂っていました。

e0263590_2284090.jpg



ところで、どれくらいの種類の草木が生えていたと思いますか?

ミアちゃんが書きとめておいてくれたので、それを書き写しますね。

ジャジャジャジャーン!!!

(草)

イタドリ
イヌホオズキ
ウド
オオアレチノギク
カタバミ
カダハヤブマオ
コナスビ
シダ
ジャノヒゲ
スゲの仲間
スミレ
チジミザサ
チドメグサ
ツタウルシ
ネコノメソウ
ノブドウ
ハツユキカズラ
バライチゴ
ヒカゲイノコグチ
ヒメジオン
ヘビイチゴ
ボロギクの仲間
マムシグサ
豆科の一年草(名前不明)
ミズヒキ
ミドリハコベ
ヤブタビラコ
ヤブミョウガ
ヤマイモの仲間
ヤマイモの仲間(またちがうやつ)
ヨウシュヤマゴボウ

(木)

アオキ
イチゴの仲間(仲間不明)
エゴノキ
エノキ
オニドコロ
カジノキ
クリ
コウヤミズキ
コナラ
シラカシ
シロダモ
タラ
ナガバモミジイチゴ
ニワトコ
ネムノキ
ミツバアケビ
ハナイカダ
フユヅタ
ムクノキ
ムラサキシキブ
ヤブコウジ
ヤマウルシ
ヤマグワ
名前の分からない木(2種類)

すごいなあ・・・。つい数年前までは、地面にはほとんど何も生えていなかったのに・・。

僕たちは、自分達でもまだ把握できていないほど、すばらしい場所に住んでいるのかもしれないですね。



植生調査が終わって、僕は念願のハンモックの昼寝をしました。

ゴクラクデシタ・・。

e0263590_2226888.jpg


目覚めてみたら、さだやんがロケットストーブでお湯を湧かしてくれていました。

そして、今日の主役、ミアちゃんが作ってきてくれた、ケーキさんの登場です!!

e0263590_22271675.jpg


お茶と一緒にいただきます。

e0263590_22283541.jpg


ブログでこんなことを言うのもなんですが、もう言葉はいらない美味しさでした・・。

甘み、コク、やわらかさ、やさしさ、余韻、

ケーキに全て凝縮されていました・・。ミアちゃん、ありがとう!!!


将也くんが、とっても素敵な木工の本を持ってきていて、話の流れで、さだやんに、「うん。じゃあ、あげるよ。」と言って、本をプレゼントしてました。

その自然なかんじが、横にいて、とっても心地よかったです。

なんて素敵な・・。

e0263590_22315995.jpg



そんなこんなで、気がついたら、もう4時すぎになっていました。

時間の流れがあまりに早くて、不思議な気分になりました。

スタッフだけで、こんなに楽しめて、ああ、なんて素敵なことなんだろう・・。って、しみじみ思いました。

とっても贅沢な秋の1日でした。


[PR]
by morimotogumi | 2012-10-02 22:39 | 活動報告

9月1日 いちにち村

パパになりました!さだやんです。出産の前後に木々と縁があることが多かったので、娘の名は「樹乃葉(このは)」としました。これからもファミリーでよろしくおねがいします。

さて、いちにち村のある日の出来事。

今日は森で何をしようかなと、寝起きでボヤボヤした頭で考えていると、「あっ、道の補修をしたらいいんや」と思いつきました。

先日のいつかの大雨のときに、森へ通じる道の一部が少し崩落しかけていたのです。
車も通れなくなったので、切り出した丸太を運ぶこともできなくて、困っていたところでした。
みんなの力を合わせればなんとかなるかも☆

少しわかりづらいですが、崩落現場はこんな感じ。
人が立っている道の右側から川が流れていて、道の下を通り、左側へ流れだしているのです。その左側の崖が土台の丸太ごと落ちかかっているのです。

e0263590_16263557.jpg


森林組合に勤めているMさんに意見を聞いてみると、崩れたところをなおすのはかなりの労力が必要で、また流されてしまう可能性も高いとのこと。
すると、まさやが「川の方へ道幅を広げたらいいんちゃうん?」というグッドアドバイス!さっすが~!

というわけで、森本組、初のプチ土木作業が開始されました!

・・・とその前に、おなかがすいては作業できないので、森でランチタイム。みんなで森の中で食べるごはんは、いつも最高においしいです!

e0263590_1633463.jpg


腹ごしらえが終わったら、Mさんに指導してもらって、土木作業に使う木の伐採。参加者さんもチェーンソーの体験です。

e0263590_16365264.jpg


およそ2年前に皮むきした木なので、森で自然に乾燥されて男性ひとりで軽々もち運びできます。

e0263590_16375369.jpg


みんなの力を合わせて現場まで、丸太を運び川にしきつめて、ちょうどよい長さにチェーンソーで切って調整。高さを合わせる為に、土を盛ったり、まさに土木作業でした。

e0263590_1639143.jpg


もちろん、恒例のミアちゃんのケーキとセトコーヒーさんのコーヒタイムも。
みんな幸せそうな顔してるでしょ!

e0263590_16403634.jpg



セトさんがお湯を注ぐとプクーって、豆が盛り上がってきて美しかったです。

e0263590_16511150.jpg


ミアちゃんの本日のケーキはさつまいものケーキ。生地に金ゴマが入っていて、うまかった~!

e0263590_1653393.jpg


おやつの後はお昼寝タイム!今日は初ハンモック。ゆらゆら~うとうと・・・。

e0263590_16574398.jpg


そして暗くなる前に仕上げの作業。杭を打って、並べた丸太を固定して完成!工事完了でみんなで集合写真とってみました!

e0263590_1702026.jpg


ちゃんと車も通れます!これで、やっと木の運び出しも再開できるようになりました。みんなありがとう!

e0263590_173423.jpg


今回も、いちにち村のコンセプト「森の中で はたらき まなび あそぶ」をめちゃめちゃ満喫できました。
次回はどんな日になるのかな?今から楽しみです!
ちなみに9月25日、10月13日・23日がいちにち村です。
ではではまた森で会いましょう!

e0263590_1792219.jpg

[PR]
by morimotogumi | 2012-09-09 17:10 | 活動報告

今シーズン最後のきらめ樹実習

去る8月26日、今シーズン最後のきらめ樹実習を行いました。
晴天のもと、各地から集まって下さった参加者さんは12名。

実習前のレクチャーは、榛原駅近くの公民館で。

e0263590_0142534.jpg

今回のレクチャー担当は、森ガイドもしている豊ちゃん。
熱心な参加者さんから質問もたくさん出ました。

知識豊富な豊ちゃんのレクチャーは、日本の豊かな植生についても触れられ、改めて日本の森の素晴らしさを知る事ができました。

国土の7割が森林である日本は、放っておけば自然に森になるような潜在的に植生が豊かな国土。
その種類は約6800種とか。ちなみにEU諸国は1500種だそう。

レクチャーの後は、お手入れする森に行く途中にある鳥見山公園でお弁当。
この日、お誕生日だったさだやんと、先月は森本組の活動お休みの為、お祝いできなかった豊ちゃんのお誕生祝いも。
森本組スイーツ担当ミアちゃんが、今回も美味しいシフォンケーキを作ってきてくれました。
主役の二人には、メッセージ入りのクッキーも。
リピート参加のYさんが美味しいムレスナ社のフレーバーティーを持ってきてくださり、贅沢なティータイム。
e0263590_0205284.jpg



秋を感じさせる風がそよそよ。気持ちよくて急遽お昼寝タイムを設けました。
e0263590_0234167.jpg


鳥見山公園には立派な紅葉が多数。その中でも一番大きな姿形の美しい紅葉。
e0263590_0252931.jpg


いよいよ森に入って実習開始です。
小学生のK君も釣り竿選木に積極的です。
e0263590_0273425.jpg


e0263590_0283684.jpg

今回も感性に従って間伐対象の木と残す木を選んだ後、以前までやっていた密度管理の計算もして確認してみます。
あとは、ひたすら皮むき〜。
e0263590_032577.jpg
e0263590_0311271.jpg

e0263590_0332395.jpg


以前、台風の後、倒木して土がめくれてしまったところにたくさん草が生えていました。
まるで、傷んだところを癒すかのように。心無しか、その一帯だけ光っているように見えました。
植物には、特に森には、地球を癒す力があると思えてなりません。
放射能だって除染してくれる植物だってあるしね。
e0263590_037910.jpg


実習の後、お手入れ後の光が入り様々な種類の草や木の赤ちゃんたちが育ちはじめている明るい場所で、シェアリング。

そうそう、さだやん宅のベイビー、無事誕生しました。
とっても可愛い女の子です。
彼女が大きくなるまでに、少しでも森が健やかになっていることを願ってやみません。
e0263590_0482319.jpg


さてさて、次は9月1日の「いちにち村」でお会いしましょう♪

レポート〜ゆき
写真〜ミア・ゆき
[PR]
by morimotogumi | 2012-08-31 01:04 | 活動報告

6月24日 いちにち村

もうすぐ第一子誕生のウキウキワクワクなさだやんが、6月23日の「いちにち村」レポートをお届けします~

e0263590_1827367.jpg


今回は、十数人の参加ということで、まずはテーブルとイス作りから。土台となる丸太を切り出します。
森林組合の方がお二人も参加してくれてたので、切り出しの先生役をお願いしてみました。現場の方に来ていただけるのは勉強になって本当にありがたいな!

e0263590_18364373.jpg


主に切り出しをしてくれたえびちゃんは、野鳥やカエルなどにも詳しくって、鳴き声がするたびに生物のレクチャーもしてくれてました。ぼくの知る限り、森林組合の人って、ほんまユニークでおもろい人が多いなあ。全国の林業家を大集合させてみたら、ほんまおもろい飲み会できそう!

e0263590_1842471.jpg


土台ができたらその上に板を置いて、超カンタンでめっちゃいい感じの休憩場所の完成。

さっそくランチタ~イム!いい感じでしょ?

e0263590_18444948.jpg


そして今回のスペシャルゲストは・・・

e0263590_185391.jpg


そうコーヒー屋さん!出張カフェをしてはる、セトコーヒーさん(http://setocoffee.hateblo.jp/)が森の中でコーヒーを入れてくれはって・・・。森の入口まで、ええ香りがただよって、これぞ森カフェや~!

e0263590_18595873.jpg


そして前日にミアちゃんが仕込んでくれたシフォンケーキとセットになって、森カフェセット。森の中で召し上がれ~。ちなみに次回、9月1日のいちにち村にも、セトコーヒーさんが来てくれはるみたい。ありがたいね~。森の中でコーヒータイム満喫したい人はぜひ参加してね!

さらに今回は、森本組のスピリチュアル顧問たーさんの占いスペースも!ふだんは、食いしん坊のおもろいおっちゃんやねんけど、占いモードになると本領発揮。メディスンカードを通して降りてきたメッセージはふか~い気づきをもたらしてくれます。みんなはどんなメッセージもらってたんやろなあ。

そんなこんなで、にぎやかな「いちにち村」。次回開催は、9月1日です。
今度はどんな人に会えるかなあ、楽しみです。
ぼくのベビーも生まれてるやろし、いつかは、いちにち村デビューするんやろなあ。

e0263590_19552984.jpg

[PR]
by morimotogumi | 2012-07-20 19:05 | 活動報告

6月23日の実習会のレポート

みなさん

こんばんは。

森本組のスタッフをさせてもらっている 三浦 豊です。

森のガイドをしています。http://www.niwatomori.com/

今回は、6月23日にさせてもらった実習会のことを書かせてもらいますね。

当日は、とってもよく晴れました!

毎回のとおり、定やんの家に行きました。

いつもは将也くんがお話をしてくれるんですけど、今回はミアちゃんがお話をしてくれました。

e0263590_20595438.jpg


とっても素敵な絵も描いてきてくれて、

e0263590_2103087.jpg


とっても分かりやすく、お話をしてくれました!

スタッフのみんながお話をしてくれているのを聴く度に思うんですけど、僕たちは、かくじつに歩んでいるんだなあと、いつもしみじみ感じ入ってしまいます。

今回のミアちゃんのお話も、僕は頷いてばかりでした。

ミアちゃん、お話、素晴らしかったよ!!


それから定やんのお家のお庭と縁側で、みんなでお昼ご飯を食べて、森へ移動しました。

お天気もよくて、参加者さんたちも いいかんじの方ばかりで、とてもいい雰囲気の中、実習がはじまりました。

e0263590_216555.jpg


最初に、森に生えている木のプロポーションを計って、1本の木を選んで、きらめきのデモンストレーションをしました。

それから、今回も新しいきらめきの選木の仕方をしました。

4メートルの長さの竿をぐるりとまわして、そのサークルの中の木を、みんなが好きか嫌いか、言い合うのです。

e0263590_2192027.jpg


いやあ、鋸谷さんから教えていただいた この新しいやり方、僕はもう、!!!の連続で・・。

なんだか、より森にお近づきになれたような気がするのです。

念のために、「好き!」「ううむ・・」とみんなでさんざん言い合った後に、みんなで選んだサークル内で、今回はきらめきをしないで残す木々の断面積合計(分かりやすく言うと、木の生えている密度のことです。人工林の状態を知るには、とても大切な数字なのです)を計ったら、ほんとうに理想的な数字になっていて・・。

いやあ、すごい・・・。 鋸谷さん、ありがとうございます。


この日の数日前は雨がたくさん降って、当日はよく晴れて、絶好のきらめき日和でした!

そうかもしれないと予想はしていたんですけど、この日の木の皮の剥け具合は、それはもう、すごかったです!

僕が今まできらめきをさせてもらった中では、最も木の皮がたくさん剥けた一時になりました!

e0263590_21163534.jpg


みんな思い思いに、各々のペースで、ノリノリでやってました!

e0263590_2117347.jpg


時間も限られていたのですが、2ゾーンをすることができて、この新しいやり方の素晴らしさ、早さを改めて感じることができました。


きらめきが終わってから、3年ほど前にやって、切り出しをやった場所へみんなで行きました。

僕はこの時が、うれしくてうれしくて・・・。

なんだかもう、胸がいっぱいになります・・。

真っ暗の真っ暗で、草1本生えていなかった森の中が、じつに明るく、そして、いろんな草木が、じつに賑やかに生えてきているのです!!!

普段は何気なく見ている雑草と呼ばれる草々も、ここで見ると、ああ、やっぱり彼らはすごいと、改めて感じることができます。

e0263590_21213816.jpg


定やんの家に戻って、みんなで感じたことを言い合いました。

今回も、来て下さった方々は、すてきな方ばかりで(ほんとに)・・、
みんなで森のことを想い、森に入ってお手入れをさせてもらって、そしてみんなで感じたことを話し合う。
とても贅沢な気分になります。

今回もまさに、みんなの話のすばらしさに、!!!の連続でした。

いやあ、森本組のスタッフでよかった。みなさんと森でお会いすることができて、よかったと、しみじみ感じた一時でした。

ありがとうございました。

PS.ミアちゃん、いつも写真を撮ってくれて、ありがとう。

三浦 豊拝
[PR]
by morimotogumi | 2012-07-17 21:31 | 活動報告

いちにち村

森の中で、働き学び遊ぶ日!

まずは、森本組がきらめきさせていただいてきた森をお散歩。

3年前きらめきした場所は、葉っぱが落ちて、光が入って明るい!!

木の赤ちゃんもたくさん芽を出していました。

その中でも、明るく平らな場所を見つけて、きらめき材で、机と椅子を作ります。

木を切るところから(笑)

チェーンソーを使って切るのですが、私も挑戦してみました。

e0263590_22203048.jpg


e0263590_2222684.jpg


緊張感満載です。。。。

e0263590_22234132.jpg


e0263590_22252738.jpg


後日、筋肉痛がやってきましたが、やればできるものだと実感しました。

女でもできる☆

e0263590_2225515.jpg

e0263590_2227143.jpg

e0263590_22281583.jpg

e0263590_2229328.jpg
e0263590_22284859.jpg

e0263590_22304993.jpg


そして、きらめきの森での中で、ごはんを頂きました。

e0263590_22312437.jpg


不思議な感覚でした。そして、働いた後のごはんが美味しい!!

e0263590_2233559.jpg
e0263590_2233538.jpg


緑が生い茂ってるわけではないけど、すごく空気が澄んでるように感じて、居心地がいい。

e0263590_22353184.jpg


人と森とが一歩歩み寄れたようにも感じました。

ここで一日過ごすことで。

ごはんを食べることで。


ロケットストーブで火を起こして、お茶もして、みあちゃんの作ってくれた、シホンケーキも頂きました。

e0263590_22362573.jpg

e0263590_22363571.jpg

e0263590_22374957.jpg

e0263590_22382933.jpg


卵はさだやんのとこのにわとりちゃんが産んだもの。

e0263590_2239484.jpg


働き学び遊ぶを森の中で体験できた、めちゃめちゃ贅沢な一日となりました。

e0263590_22405560.jpg
e0263590_2240242.jpg



(つり)
[PR]
by morimotogumi | 2012-06-25 23:58 | 活動報告

5月19日実習会レポート(後半)

実習会レポート後半です♪

e0263590_1855281.jpg

人間も自然の一部なので、その生き物として備わっている感性をつかって、森に残す木を選んで行きます。

まず、中心にしたい木を1本好きな木を選んで、その木を中心に、釣ざおをまわして、半径4メートルの円(50㎡)のなかに入る木を、「残したい木」を選んでいきます001.gif

以前は、断面積合計の計算を基準に、残す木を選んでいましたが、今回からは、まず感性を使って、「好きだと感じる木、残したいと感じる木」を選んでいきます。ひとりでも、「好き、残したい」という意見が出た木はとりあえずは残す選択をしました。
残す木には、黄色いテープを巻いていきます。中心になる木には2重にテープを巻きました。

e0263590_18595180.jpg

途中から、釣り竿をふる役を子供たちにも手伝ってもらいました。釣り竿の先端が触れた木はすべて選木をしていきます。

みんなの意見で残した木が適正な密度になっているかを、釣り竿に貼ってある早見表を見て、確認します。エリアのなかで、3番目に太い木の太さをもとに、早見表を見て確認をします。

e0263590_1921327.jpg

地上から120センチ高さの胸高直径を計っていきます。3番目に太い木は、胸高直径が22センチでした。
早見表を見ると、、
e0263590_194423.jpg

20センチの場合は5本、24センチの場合は4本。この本数にプラスマイナス1本までの調整はOKなので、5本か、6本を残すのがよいかな、と相談をしました。

みんながテープを巻いていた木は、8本。ちょっと、多かったので、どうやって木を減らすかをみんなで相談しました。結果、もう一度、この木は残したい、と思う木のところに、みんなに立ってもらいました。不思議と、1本だけの木に、偏ることはなくて、それぞれが残したいと思う木のところにあらためて立つと、ちょうど5本の木が残ることになりました。
切ることになった木から、目印のテープを外しました。
これで適正密度になっている、ということになります。

e0263590_1983714.jpg

さて、森本組では、以前の「計算による選木」から「感性による選木」への移行期なので、感性で選んだ木が、計算での適正密度である、胸高断面積35〜40㎡になっているのかどうかを、確認をしてみようということで、ふたたび、釣り竿をまわして、エリアに入っている木の胸高さ直径を計って、以前使っていた計算の表に書き込み、すでに選木は出来ているので、選んだ木の断面積を足してみました。
e0263590_19114925.jpg


参加者さんに表への記入をしてもらい、いよいよ計算、、、
なんとなんと、作業前の断面積合計が76.6から、みんなの感性で選んだ木の残す木の断面積合計は、、35.6になりました!

すごい!!数字で見ても、ぴったりの適正密度になりました005.gif
ちょっとびっくり、感動〜003.gif

本数的には14本中、5本を残し9本を間伐しました。今回のエリアはヒノキ。

以前までは、エリアを、四角く区切って、それを四隅にヒモを張り巡らせて、ゾーンをつくる作業をしていましたが、これが斜面のところで平行をだしたり、なかなか大変な手間のかかる作業。今回からは、ロープを張って境界を作る作業も要らず、釣竿を振るだけでよくなって楽々!

はじめての釣り竿による選木で不安もありましたが、参加してくれた方からは、好評でした016.gif

以前は木に番号をふって、実感というよりは、ひたすら計算をして、出て来た数字に合わせて木を選んでいましたが、

今回は1本1本の木を、みんなが見たり触ったりして丁寧に見ていたことが印象的でした。
好きかどうかで選ぶのっていいね、ってみなさん言っていただいていました。

それから、残す木も、切る木に対しても、同じように大切にしている感じが持ててよかったというふうに、言っていただきました056.gif

1本1本の木に、ちゃんとかかわった、という満足感、納得感がある感じでした。
楽しいね〜いいね〜ってなってもう1ゾーンやりたいね、ということになったのですが、時間を見て、今回は1ゾーンで終了することにして、皮むきへ。

まずは、いのちの移し替えの儀式をしました。
吉野の林業家さんの間に伝わる方法だそうです。
代表として1本の木を選んで、その木の根もとにお米・お塩・お酒をぐるっと1周ふりまき、みんなで木を囲んでお祈りをしました。森にとっても、人にとっても、すべてにとって一番よいように、いのちが生かされて行きますように、、そして今日の作業が安全にできますように、、まさやのリードで、おいのりの時間を持ちました。

おいのりをした木をデモンストレーションをして、みんながそれを見ています。
e0263590_1924329.jpg

e0263590_19244228.jpg

e0263590_19252247.jpg


水を元気よく吸い上げているようで、とても綺麗に皮が上のほうまでむけていきました。

木肌がきらきらひかっていて、参加者のみなさんも感動!でも、森本組のみんなも、半年以上ぶりに目にする木肌の美しさに、新鮮な感動を覚えていました。
e0263590_19272737.jpg

思わず集まって来て、木に触れたくなります。

e0263590_19284018.jpg

のりちゃんと一緒にのこぎりで切れ目を入れます。
e0263590_1929367.jpg

切ることになった木を、きらめ樹(皮むき)しています。
今回はどの木もよく水をあげていて、すべての木がきれいに上のほうまで剥けていました。

e0263590_19304774.jpg

e0263590_19312852.jpg

思ったよりきらめ樹する木が多くてしっかり作業をした感じ。

e0263590_19323222.jpg

道際ちかくに、コナラのあかちゃんが生えていました016.gif
どんぐりのなる木^^ちょっと嬉しくなります♪

e0263590_19341237.jpg

きらめ樹を終えて、以前きらめ樹をして、明るくなった場所を見学してもらうため移動しました。ここは木を切り出しをしている場所です。草も、いろいろなのが生えて来ています。心無しか、みんな「地面がふかふかになって来てない??」って言っていました001.gif

これも、草が生えたり、おひさまが当たったりしている、効果でしょうか?地面が少しずつ良くなって来ているみたいです058.gif

e0263590_19362997.jpg

e0263590_1937816.jpg


釣ちゃんの紙芝居!どうやって森が元気になるのかが、きれいなかわいいイラストをともに分かりやすく楽しく描かれています♪

e0263590_19381944.jpg

紙芝居の枠はこの森の木でのりちゃんが作ってくれました♪ヒノキがいい感じに黄色くなってきている。杉は白いままの木肌。
うしろに注目!花が咲いてるの〜♪なんにもなかったこの森でお花をバックに紙芝居!!嬉しい〜♪

e0263590_19405913.jpg

まさやが巻貝の貝殻を見つけました。
ここは、以前棚田だった場所なので、田んぼに住んでいた貝なのでしょうか??

e0263590_19413698.jpg

紙芝居のわくを、地面においたら、生えてきた草がまるでアートみたい♪絵になる〜♪

e0263590_1943546.jpg

以前にきらめ樹した木の、ノコギリを入れた皮との境目に、苔がもふもふ生えていました!
なんだか、感動〜。いのちが芽生えてる感がなんとなく嬉しくなります001.gif

e0263590_19445421.jpg

帰りに、のりちゃんが田んぼによってお仕事をしていました。
子供達はさっと、車から降りて、田んぼに興味津々の様子006.gif

e0263590_19461234.jpg

のりちゃん家にもどって、シェアの時間。
みんなでひとりずつ、感想を言い合いました。

みんなでいろんなことを体験して、充実した1日でした!

来てくださったみなさん、ありがとうございました072.gif

また是非森に来てくださいね〜001.gif




(ミア)
[PR]
by morimotogumi | 2012-05-27 19:52 | 活動報告

5月19日実習会レポート(前編)

5月19日、萱森の森で、今年はじめての実習会を開催しました001.gif

(写真が多く、少し長くなってしまったので、前編・後編に分けてみます042.gif

4月は、お天気が雨だったので、今年はこれがはじめての実習会になりました!この日はお天気は本当に気持ちのよい、快晴になりました!!058.gif

e0263590_18105992.jpg

まずはのりちゃん家でレクチャーです。レクチャーといっても、以前のような感じとは少し違っていて、会の今までの活動の変遷のお話しをしていくなかで、人工林や間伐についてお伝えしていくという感じ。

e0263590_18123992.jpg

何故か、のりちゃん家のお庭に置いてあった薪割りにみんながはまる、、盛り上がり過ぎて出発できない感じだったので、ちょっと手をとめてもらって、、出発です035.gif

e0263590_18142434.jpg

e0263590_1815419.jpg

あまりにも気持ちのよいお天気に、お昼ご飯は、鳥見山公園で!
つつじが見頃になっていました

e0263590_18152510.jpg

おおきなもみじの木の新緑が美しかったです^^

e0263590_18181677.jpg

つつじと新緑にかこまれ、おひるごはん♪

e0263590_181998.jpg

参加者のかたに、美味しい和菓子の差し入れいただいちゃいました!みんなでぺろり011.gif美味しかった〜ありがとうございました♪

e0263590_18201785.jpg

ようやく森へ(笑)

e0263590_18211192.jpg

森へ行く途中にある小さな水の流れに手をつけて「マイナスだ!(冷たい)」とはしゃぐ子供達。なかなかにキレイな水が流れています。

e0263590_18233229.jpg

目が覚めるような新緑の緑いろ072.gif

e0263590_18245813.jpg

萱森でずっと手入れをしてきた森は、手入れをしていない場所も、残りもうわずか。
今回は森の入口に近い場所を間伐をしました。

e0263590_18255178.jpg

今回から、選木方法が変わります018.gif

釣り竿を使った選木方法!今回がはじめてのトライでちょっとドキドキ。でも、体験したことのあるゆたかちゃんが居てくれているので安心です^^私のほうから、説明をしたあと、ゆたかちゃんにリードをしてもらいました。

e0263590_1830218.jpg

これが選木に使う釣り竿です。
e0263590_18311655.jpg

先端に、目印になるようにポンポンを作って付けました^^
e0263590_18321985.jpg

先端から、4メートルのところを計って、印をつけます。
この印を、木にあてて、その木を中心に釣ざおをまわして行くと、半径4メートルの円ができます。この面積が50㎡になります。

e0263590_18342299.jpg

このような早見表を貼付けて使います(「これならできる山づくり」鋸谷茂著にのっている表をコピーして貼付けて使用しました^^)

この釣り竿をつかって、いよいよ、残す木と間伐する木を、選びます!



(後半に続く)
(ミア)
[PR]
by morimotogumi | 2012-05-27 18:40 | 活動報告

4月22日 実習会と伊勢の森報告会と森ワールドカフェ

4月22日、今年初の実習会!となるはずの予定だったんですが、あいにくの雨で、ぼくの家の中ですごすことになりました057.gif

e0263590_15524994.jpg


午前中は、まさやが、桜井市萱森できらめ樹をやり始めて、今の森本組にいたったまでの活動の経緯を説明してくれました。

2009年から活動がはじまって、今年で4年目。

森よみの大西さんに講師に来ていただいてきらめ樹をしり、毎月実習会を重ね、皮をむいた木が葉を落とし、その隙間に光がさしこんで、あたらしい緑が生まれ、切り出した木を製材して、木の恵みをいただく。
今までの活動の中に生命の循環を感じました035.gif

そして、ミアちゃんから、伊勢の森の報告。
e0263590_1630098.jpg


やっぱり何度みても、美しい森でした!実際に行ってみたいし、近所の森もいずれこんなんになったらええのになあと、憧れのまなざしで見ちゃいます。ちなみに来年が伊勢神宮の式年遷宮ですが、それに関する催しは、平成17年からはじまっているそうです。さずがすごいスケール!

午後からは、つりちゃんが森の紙芝居を披露してくれたのですが・・・そのあとの、たあさん(何度も山に足を運んでくてるメディスンカード占い師・森本組スピリチュアル顧問)の紙芝居指導がすごかった。

e0263590_16494043.jpg


聞き手の心をグッとつかむメソッドをたくさんちりばめた、紙芝居のやり方。一枚の紙の送り方だけで、あんなに想像力を引き立てられるなんて・・・。たあさんの占いがすごいのは体感してましたが、紙芝居も、とは・・・。引き出しの広い方です。。。

そして、かんちゃんが「きらめ樹の歌」を披露してくれました!

e0263590_16505773.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「きらめ樹のうた」 菅ちゃん

やわらかな祈りにさそわれて
どこまでゆこう
出逢ったこの地球のたくさんの
きらめくわ なみだ

みつけたお日様抱きしめ
のばす太いあし
木々が揺れ大地に光さし
青葉きらめく

あぁ うつくし
あぁ うれしくて
ゆっくり ゆっくり こころ

あわて急ぎゆく街の色
遠ざかる山の声
何度も何度も確かめる
ここにあることを


これから始まるあさのにおい
繋がり治すいのち
木々が揺れ 大地光さし

青葉きらめく
森がきらめく
君がきらめく

・・・・・・・・・・・・・・・・・

歌詞だけでもすばらしいなあ。
実際に歌ってもらうともっとすばらしいよ~
動画もとってみたのですが、youtubeとかのアップの仕方がわからないので、そのままにしてますごめんなさい。
ぜひぜひ今シーズンに、森で聞きたいなあ。っていうか、絶対聞ける気がします。かんちゃん、帰っておいでー!

今回は、雨にも関わらず、うちまで足を運んでくださって、本当にみなさんに感謝です。
木一本一本に対する姿勢がほんとにすばらしいなと思います。
ぼくは、だんだん多くの木を切ったりするうちに、木一本に対する思いが薄れていってる、感覚がマヒしてるような気がして、そんな自分を反省したりした、1日でした。
[PR]
by morimotogumi | 2012-05-02 17:16 | 活動報告