― 森のなかで はたらき まなび あそぶ ―
by morimotogumi
プロフィールを見る
画像一覧

ラストイベント終了!ありがとうございました!

ご報告遅くなりました。
スタッフのゆきです。

去る7月2日、『おわりのはじまり~森本組ラストイベント~ハイキング&森のお茶会』 無事、終了しました。
お天気に恵まれ、懸念していた暑さも森に入ると、さほど気にならず、気持ちよく過ごせました。
e0263590_23224959.jpg


体力に自信がなかったり、膝の故障で車での移動を希望されていた方々も、森のサポートのおかげか、最後まで歩くことができました。

いつもは車で移動する道も歩いてみると、風景が違って見えて新鮮ですね。
e0263590_23234396.jpg

途中、山主さんにばったり!
最後にご挨拶できてよかったです。

いつものように山の入り口で森にご挨拶して入るとき、広場までの道のり、これまで間伐してきたところを眺めながら、8年間の思い出が蘇り、感慨深い思いでいっぱいでした。
いつしか、森に通い続けるうちに、お母さんの深い懐に抱かれているような、そんな安らぎに似た感覚を覚えるようになりました。
e0263590_23243197.jpg


最初は真っ暗と言っても言い過ぎではなかった人工林が、間伐によって命の循環がはじまりました。
植生だけでなく、虫や鳥も増えたように思います。
この日はとりわけ、鳥たちのさえずりがにぎやかだったような。
e0263590_2329029.jpg

(最近、カタツムリ見なくなったよね〜と話していたら、現れてくれました!)

お手入れしているつもりが、逆に実に多くのギフトを私たちは森から頂いてきました。
森本組のイベントに参加してくださった方々とのつながりもそのうちのひとつです。


森本組がこれまで携わってきた森は、山主さんにお返しすることになりましたが、日本にはまだまだ手入れの必要な人工林がたくさんあります。
木々には独自のネットワークがあるといいます。
もし、私たちが関わってきたことをこの萱森の木々たちが喜んでくれていたなら、またどこかで繋がれる森に出会えると信じています。

森本組の活動は、これで一旦終了ですが、また、どこかの森でつどい、はたらき、まなび、あそべる時が来るかもしれません。
その時は、またよろしくお願いします。
今まで関わってくださった皆さま、本当にありがとうございました。


最後にこの日の写真をいくつかご紹介♪

e0263590_23332113.jpg

この日、お誕生日を迎え、結婚したばかりの豊ちゃん、お仕事で来られなくなった奥様の代わりに花冠、被ってもらいました^^この花冠は、以前、「響きあう森じかん〜トーニング」でナビゲーターをしてくれたソマちゃん作です。

e0263590_23361818.jpg

森本組スピリチュアル顧問の占い師たあさんのリーディング。木々たちからのメッセージも伝えてくださいます。

e0263590_23383191.jpg

さだやん、すーちゃん夫妻による 「歌と舞」素敵でした♡

e0263590_2341822.jpg

萱森の森、言葉にできない感謝でいっぱいです。ありがとう♡
[PR]
# by morimotogumi | 2016-07-12 23:58 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

森本組最後のイベントのご案内です。

みなさん

こんにちは。森本組スタッフの三浦 豊です。
先週に梅雨入りして、木々の葉の緑も色濃くなってきましたね。

森本組最後のイベントのご案内です。

人工林の皮むき間伐からはじまった森本組の活動ですが、この度、山主さんからお預かりした場所の
最後の伐採が無事終了しました。
暗かった森もずいぶん明るくなり、残した木々たちは、枝葉を広げ、杉、ヒノキしかなかった森は、下草もどんどん増え植生が豊かになっています。

7年間通い続けた森とさよならするのは本当に寂しいけれど、ここでいったん山主さんへお返しすることに決まりました。

そこで森本組最後のイベントを企画しました。
題して『おわりのはじまり~森本組ラストイベント~ハイキング&森のお茶会』

森本組としての活動はこれでいったんおわりだけど、手入れさせて頂いた森は命の循環がはじまっています。
スタッフそれぞれも新たな旅立ち。
さだやんは宮崎へ移住計画がいよいよ進んで、豊は結婚をしました。
これまでの森本組の活動を振り返りつつ自然に親しみ、参加者のみなさんにとっても新しい何かがはじまるきっかけとなれば嬉しいです。

【日時】7月2日(土)
    10時~16時頃(10時に近鉄榛原駅北口ロータリー集合、帰りは駅に17時頃到着予定)

【参加費】ハートマネー(お気持ち)のドネーション制 
     お茶、お菓子つき 

【持ち物。服装】お弁当、水筒、虫除け(必要な方)
歩きやすい靴、服装で。日よけの帽子など熱中症予防各自でお願いします。

【内容】駅から鳥見山公園まで車に乗り合わせて移動。
    鳥見山公園から森まで約1時間ハイキング(小さなお子さんや体力に自信のない方は、車で移動可能です)
    森でお昼ごはん、お茶会
    森から鳥見山公園まで徒歩で戻り駅まで車乗り合わせ
    ⭐︎音楽できる方、ライブ大歓迎です。

【お問い合せ・お申し込み】
 森本組 morimotogumi123@gmail.com
   080-1477-2431(さだひさ)
[PR]
# by morimotogumi | 2016-06-10 22:17 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

春の伐採! レポート

5月8日、「春の伐採」のイベントを開催しました。

当日はお天気に恵まれて、とてもすごしやすい1日でした。駅から森へ向かう途中の鳥見山公園では、つつじ祭りが開催されていて、たくさんの人々が集っておられました。つつじ、見ごろですね~。

さてさて、今回は、ぼくとゆきさん、そして参加者の島袋さんと3人で山に入りました。後半からは、差し入れを持って、奥さんのすーちゃんと、こどものコノハ、ゲンも山に来てくれましたよ。

e0263590_817573.jpg


山に入って、「お~!」って感動するところは、木々が枝をグングン横に伸ばしているところや、草花が芽吹いたりしているところ。みんな成長しているんだな~って、しみじみ思ってうれしくなります。

何年も同じ森に通っていると、変化がよ~くわかります。続けるって大事なことだな~。

皮むきした時は、木々の枝が触れ合わないくらいだったのに、もう隣の木々の枝と手をつないでいるように触れ合ってますね。

e0263590_8203990.jpg


チェーンソーは木を伐るのにとても便利な道具ですが、その反面、とても危険な道具でもあります。安全な扱い方を十分に説明して、参加者の島袋さんにも伐採体験をしてもらいました。

e0263590_831317.jpg


皮むきして乾燥している木は、生木にくらべて軽くて扱いやすいのですが、先の方が朽ちてきて折れやすいという性質もあります。それが伐採者にとってとても危険な要素になるので、慎重に冷静に作業します。

e0263590_8354971.jpg


チェーンソーを使っているときは、自覚しにくいのですが(アドレナリンが出て興奮しているためか)とても緊張して体が強張っています。振動が激しいし、山なので足場が悪い。そして、たくさんの危険がひそんでいるので、つねに頭でシュミレーションしながら、体を使って危険回避していきます。

想像以上に疲労するものなんですね。

なので・・・、すーちゃんが作ってきてくれた、甘いスイーツで一息いれました♪疲れた身体にうれしいですね。
子供たちもハンモックでゆらゆら~。

e0263590_8385079.jpg


e0263590_838129.jpg


森にまた光が差し込んできました。鳥の美しい鳴き声も森に響いています。またグングン枝を伸ばして大きくなるんだろうな。
思えば、皮むき間伐を始めたころは、ぼくたちはまだ子供を授かっていなかったけれど、数年たち、子供たちとともに森を訪れるなんて、本当にうれしいことですね。

森本組スタッフのみんなと、今までイベントに参加してくださったたくさんの方々と、活動を続けてこれて本当によかった♪

e0263590_850857.jpg

[PR]
# by morimotogumi | 2016-05-11 09:12 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

植物の恵み頂きました〜春の野草酵素ジュース作り

4月29日、今年も無事、春の野草酵素ジュースを仕込むことができました。

その日は、風も強く、気温も急に低くなり寒い一日のはじまりでしたが、桜井の山里は、比較的穏やかで、時折日も射し、小雨がぱらついたりもしましたが、作業に支障が出ることもなく、楽しくイベント終了しました。

冬に溜まった毒素を排出し、春から夏にかけて必要なエネルギーを補充できる野草酵素ジュース。
萱森の里の元気いっぱいな野草で酵素ジュースを作りたい!という思いからはじまったこのワークショップも今回で4年目。

毎回、大人気のワークショップ、今回は告知後瞬く間に定員となりました。
東京から参加のご夫妻も♪

e0263590_2251264.jpg

スタッフさだやんのお宅のお庭で、momo先生のレクチャーから。
森の学校みたいな席の並び♪

e0263590_22111495.jpg

レクチャーのあとは、早速、野草採集に。

e0263590_2244467.jpg


新緑まぶしい中、2時間近くかけて、たっぷり採集しました。
e0263590_2274517.jpg


集めた野草たちを井戸水で洗い、計量します。
e0263590_22141782.jpg
e0263590_22151395.jpg


はこべ、おおばこ、たんぽぽ、蓬、ギシギシ、オオイヌノフグリ、杉、カキドオシ、つゆくさ、ヘビイチゴ、木いちご、アオキ、アジサイ、三つ葉、蕗、ドクダミ、ユキノシタ、カラスノエンドウ、ノカンゾウ、すぎな、スイバ、アザミ、セリ、クロジ、シダ類、アイビー類、ヤブカラシ、ギボウシ、ヤブジラミ、イラクサ、カタバミ、ハルジオン、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、シロツメクサ、すみれ、ヤエムグラ、スズメノテッポウ、スズメノカタビラ、梅、計40種類以上!

毒草も5種類以上の草と混ぜると中和するそうです。


今回の嬉しいサプライズ!!
e0263590_22265275.jpg

e0263590_2227785.jpg

昼食時にさだやん夫妻が蓬入りのお餅をついてふるまってくれました。
夫妻は、餅つきシーズンには引っ張りだこのプロの腕前!
さだやんの杵使いと、奥様すーちゃんの返しは、惚れ惚れするほどの手際良さと美しさです。
参加者のみんなも次々につかせてもらい、美味しい蓬餅を頂きました。
この日、餅つきするよーと話した途端にお日様が顔を出し、まるで天から祝福されているかのように餅つきの間もとてもいいお天気でした⭐️

お昼ご飯とお餅を頂いたあとは、野草をひたすらみじん切りにします。
ざくっと包丁を入れた瞬間に香りが強くなり、野草のアロマに癒されながら、地味な作業も気持ちよく進みます。
e0263590_2232232.jpg


切ったそばから樽に入れてお砂糖と混ぜてゆきます。
手についた常在菌の情報から、その人に合った酵素が出来上がっていきます。
e0263590_22382695.jpg

e0263590_22502644.jpg
e0263590_2238070.jpg

参加者全員の手を入れて完成!

あとは、それぞれ持ち帰り、1週間〜10日ほど毎日まぜまぜして完成です。
出来上がった酵素ジュースは、立秋頃までの強力な健康サポーターに♪



次回、森本組のイベントは
5月8日の「春の伐採」です。まだお申し込み受付中です。
[PR]
# by morimotogumi | 2016-05-05 22:57 | 活動報告 | Trackback | Comments(0)

春の野草酵素ジュース作り

延期になった「春の伐採」に先駆けて、「春の野草酵素ジュース作り」今年も開催します。

毎回、大人気のワークショップ。今回も10名限定です。
お早めにお申し込みください。
e0263590_2234371.jpg


萱森のパワフルな野草で作る酵素ジュースは、カラダも喜ぶエナジードリンク⭐︎
もう毎年、この時期欠かせません。
e0263590_22314537.jpg


講師は、おなじみの美しきMOMO先生。
チベット医学にも通じているMOMO先生から、健康のこと、カラダのこと、美しく在ることなんかの秘訣も聴けるかも♪
e0263590_2232114.jpg

〜以下、MOMO先生からのメッセージ〜

「自分で作れる世界中でただひとつの酵素ジュースを作りましょう。
春酵素は、春分の日から夏至までの間に、春に芽吹いた山野草で作ります。
作り方には知識でなく感覚が大切です。始めての方も経験者の方もぜひ一緒に作りましょう。」

☆酵素は私たち人間を始め、あらゆる生物の体内で作られます。食べ物を消化吸収し血や肉を作り、運動や細胞の分裂など全ての生命活動に欠かせません。新陳代謝の主役は酵素です。


【日時】
4月29日(金・祝日)(雨天中止)
10時~16時
☆10時に近鉄 榛原(はいばら)駅北口ロータリー集合
車に乗り合わせて移動します
※雨天中止の連絡は当日朝7時までに判断してお申し込みのあった方にご連絡致します

【参加費】
1500円

【募集参加者人数】
10名
☆10名様限定企画となっております。
参加希望の方はお早めにお申し込みください。


【持ちもの】
・お弁当
・包丁 ( 使いやすいもの )
・まな板
・軍手
・レジ袋2~3枚 ( 酵素持ち帰り用 )
・草刈り用カマ ( ある方 )


【お申込み・お問合せ】 

☆お名前、当日連絡のつく連絡先(携帯電話など)、交通手段(電車・車)をお知らせください。
 お車の方、乗り合わせご協力頂けると助かります。
乗車可能人数も併せてお知らせください。

 森本組 morimotogumi123(アットマーク)gmail.com
 080-1477-2431(さだひさ)
 090-9213-8401(よしかわ)

※前日までにお申し込みください。
[PR]
# by morimotogumi | 2016-04-08 22:38 | お知らせ | Trackback | Comments(0)